卒後臨床2年次研修医 箕輪 大樹

大学6年の臨床実習時から
積極的に救急の現場に参加できます。

私が学んでいた信州大学では、6年生の4・5・6月の間、1カ月ずつ臨床実習を行う病院を選択できます。私は4月の実習の場として相澤病院を選びました。
「24時間365日救命救急を行っている」というイメージが強く、そのような厳しい環境に自分の身を置きたいと考えたことが一番の理由です。相澤病院で初期研修を行った部活の先輩から話を聞いていたことや、「神様のカルテ」やスピードスケートの小平奈緒選手の活躍などで話題性のあるこの病院を、元々身近に感じていたこともきっかけになりました。
相澤病院のERでの臨床実習は“見学しているだけ”のスタイルではありません。例えば、搬送されてきた指導医の先生の監督の下、患者さんに実際に心電図の電極をつける、採血を行うなど、自分から積極的に「やります」と言えば、先生方も「じゃあやってみようか」とさまざまなことを経験させてもらえる環境です。すぐに先生からフィードバックもいただけるので、とても勉強になりました。

患者さんを診る責任に、身が引き締まる思い。
全ての経験を吸収し、自分のプラスにしたいです。

研修医としては、まず4月に2週間のオリエンテーションがあります。多職種合同で、病院の理念や社会人としてのマナー・心構えなどを学ぶほか、研修医は先輩医師による「ERシミュレーション」等、研修医に特化した研修も行います。実習で来た時とは違い、病院スタッフの一員として給料をいただいて働く立場になったことを実感し、身が引き締まりました。

ERでの研修では、最初に訴えを聞くところから、帰宅や他の病院への紹介に至るところまで、全てを通して患者さんを診ることができます。大きなやりがいを感じる反面、最初はとても大変でした。「どのタイミングで何をするべきなのか」というところからわかりませんでしたから…。ですが病院全体の、研修医をあたたかく受け入れてくれる雰囲気に救われました。
先生方はどんな質問にも快く答えてくれます。その場で指導してくださることもあれば、後で時間を作って話をしてくださることもあります。コメディカルスタッフの皆さんもとても親しみやすく、心地良いコミュニケーションを取れる職場だと感じています。

医師として働くようになり、正直なところ、今まで勉強してきたことが現場でそのまま通じることはほとんどないんだなと実感しています。だからこそ全てが新鮮。経験したことや教えていただいたことを、今はどんどん吸収していくだけだと思っています。時に注意されることがあっても、それさえ楽しいというか、プラスに感じています。

責任感と優しさを持った医師が理想。
常に学び続けたいです。

休日は車で山へドライブに出かけたり、友人たちと公園に遊びに行ったりと楽しんでいます。
松本は、どこを見てもきれいな山に囲まれているのがいいなと思います。晴れている日が多いですし、夏はカラッとしていて、冬は雪が少ない。過ごしやすい気候も気に入っています。

相澤病院の研修医は日本全国から集まっていて、同じ出身大学同士で固まってしまうようなこともなく、みんなフレンドリーで同期や先輩ととてもいい関係を築けています。

将来目指す診療科はまだ決まっていませんが、相澤病院でさまざまな診療科を経験する中で考えていければ良いなと思っています。
10年後も20年後も今と同じ気持ちで、常に学ぶ意欲を保ち続け、一人ひとりの患者さんに対して責任と優しさを持っている医師が、私の理想とする医師像です。

※本原稿は2019年6月に取材・撮影