管理栄養士として就職・転職をお考えの方へ

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

栄養科 科長
矢野目 英樹
最近の投稿

部署の紹介

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

相澤病院の栄養ケア・マネジメント

全病棟へ管理栄養士を配置し、栄養ケア・マネジメントを実践しています。栄養スクリーニング・アセスメント・栄養ケア計画を立案し、栄養管理開始後モニタリングし、その結果について、期を失することなく関係職種とカンファレンスし、身体状況、栄養状態に対応したよりよい栄養ケアを実践する一連の業務をおこなっています。

予定入院の患者さんに対しては、外来時に、入院案内(説明)で栄養評価をし、低栄養リスクがある、退院後の生活継続に支援が必要と考えられる場合には、医師・看護師・薬剤師・メディカルソーシャルワーカー(MSW)と連携して、栄養ケア計画を立案します。
緊急入院の患者さんに対しては、入院翌日までに栄養評価をおこないます。過栄養の場合には、特別食を提供し栄養指導を実施します。低栄養(リスク含む)がある場合は、栄養状態の維持改善をめざした栄養ケアを実践します。
抽出した問題点に対して、医師・看護師・薬剤師などと討議(カンファレンス)をおこない、改善計画を立案します。病棟に管理栄養士が配置されていることで、期を失することなく関係職種とのカンファレンスが可能となっています。
全ての栄養ケア(実施・チェック参照)は継続して実践しており、抽出した問題点の解決に向けて体重、血糖値、血圧、臨床検査をモニタリングします。改善が認められない場合には、栄養管理について再計画します。
バイタルサイン、検査所見、身体所見などから、総合的に栄養アセスメント。複数の問題点がある場合には、トリアージして栄養ケア計画を立案します。

具体的な栄養ケアとしては、栄養指導・糖尿病透析予防指導管理・栄養サポートチーム介入・居宅療養管理指導などがあげられます。

各病棟の管理栄養士は上記の栄養スクリーニング~モニタリングまでの手順・方法(マネージメント)について評価します。必要があれば修正し、より質の高い栄養ケアの実践につなげています。

先輩の声

自身のキャリアを諦めることなく働ける職場

管理栄養士 重森 一葉

当栄養科は入職当初から臨床の場で患者さんと関わり、preceptor(後輩を指導する先輩)とともに仕事を身につけていく体制を整えています。また学会出席や発表の場を得て、栄養管理に対する先駆的な取り組みについて学び発信することも可能です。さらに出産や育児を経て働くスタッフも多く、自身のキャリアを諦めることなく働き続けることができる職場です。

募集要項・採用のお問い合わせ

募集要項・施設見学・採用試験については、こちらをご確認ください。

募集要項

採用の応募方法やお問い合わせはこちらをご確認ください。

採用のお申し込み・お問い合わせ

新着情報

さらに記事を読み込む