がん関連処方せんに対するトレーシングレポート

相澤病院では、化学療法を受ける患者さんの副作用やアドヒアランスに関する情報などを保険薬局からご提供いただくために、トレーシングレポートを受け付けています。

外来化学療法を受ける患者さんのために
患者さんの生活に寄り添った
トレーシングレポートをお送りください

がん治療で使用するお薬は一般薬に比べ、有害事象の発現率が高く、患者さんが重篤になるケースもあります。院外処方せん発行率が80%を超える当院が、がん治療で使用する薬剤の有害事象をフォローアップしていくには、保険薬局薬剤師との連携が特に重要です。この連携を強化していくための1つとして、トレーシングレポートがあります。
外来化学療法を受ける患者さんにできる限り苦痛のない状態で過ごしていただくためにも、ぜひ、患者さんの生活に寄り添ったトレーシングレポートをお送りください。

トレーシングレポートの作成について

即時性は低いものの「処方医師への提供が望ましい」事柄についての情報をご提供ください。緊急を要する事柄や疑義照会とは位置づけが異なります。
※緊急を要する事柄や疑義照会の場合は、直接お電話くださいますようお願いします。

  • 有害事象報告は患者さんにいつ・どういった症状が・どんな風に・どの程度・どのくらいの期間続いたのか・患者さん自身が対応した事柄など、時系列に記載いただけると非常に有益な情報になります。(何事もなかったということも重要な情報です。)
  • 支持療法が処方されている場合は効果があるのか?支持療法が変わった際にはその後どうか等の情報は、支持療法の見直しに役立ちます。
作成事例のご紹介

保険薬局からご提出いただいたトレーシングレポートの中から、「ナイスな症例」「あと一歩でナイスになる症例」をそれぞれピックアップしました。
トレーシングレポートを作成する際に、ぜひご参考ください。

※掲載症例については、それぞれ報告いただいた保険薬局に了承を得て掲載しています。
※各作成事例の閲覧にはパスワードが必要です。パスワードについては「がん治療薬剤に関するお問い合わせ」よりお問い合わせください。

ナイスな症例
あと一歩でナイスになる症例

トレーシングレポートの提出の流れ

トレーシングレポートに必要事項をご記入いただき、相澤病院 薬剤センター宛へFAX送信してください。
がん領域担当薬剤師が内容を確認し、処方医へ報告後、電子カルテへ取り込みます。必要に応じて保険薬局へフィードバックします。

※トレーシングレポートの当院指定様式はありません。各薬局で使用しているものをお使いください。

トレーシングレポート提出先 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 薬剤センター
FAX:0263-33-8721(直通)

トレーシングレポート提出状況

トレーシングレポートのお問い合わせ

社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 薬剤センター

(内線:7285)
受付:平日 9:00~16:30

がん治療薬剤に関するお問い合わせ