化学療法科のご紹介

最新の医療情報と豊富な経験を持つ化学療法の専門スタッフが、あなたにあった「がん化学療法」をご提案し、治療をサポートします。

最新の医療情報と豊富な経験を持つ
化学療法の専門スタッフが、
あなたにあった「がん化学療法」を
ご提案し、治療をサポートします。

最新の医療情報と豊富な経験を持つ
化学療法の専門スタッフが、
あなたにあった「がん化学療法」を
ご提案し、治療をサポートします。

がん化学療法は、抗がん剤などの薬剤を使ったがんの治療法です。抗がん剤と聞くと、副作用(有害事象)など怖いイメージを持たれるかもしれませんが、現代ではそのような副作用を抑えるための薬も多く開発されています。また、遺伝子の型や細胞の種類など、薬剤選択の指標(バイオマーカー)によって、よりよい薬剤を選ぶことができるようになりました。さらに、薬剤師や看護師とのチームで副作用を抑えながら治療をおこなうことで、生活の質を下げることなく治療効果が期待できるようになっています。このように、がん化学療法は日々進化しているのです。

化学療法科 統括医長
中村 将人
最近の投稿
外来医師担当表
がんの診療体制について

主な対象疾患

  • 頭頸部がん
  • 消化器がん
  • 呼吸器がん
  • 乳がん
  • 泌尿器がん
  • 悪性軟部腫瘍
  • 原発不明がん など

主な診療

  • 抗がん剤治療
  • ホルモン療法
  • 分子標的治療薬
  • 免疫チェックポイント阻害剤
検査と処置
  • テキスト

医師紹介

中村 将人
中村 将人
がん集学治療センター
化学療法科 統括医長
中村 将人
中村 将人
がん集学治療センター
化学療法科 統括医長

日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本臨床腫瘍学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本外科学会認定医
米国臨床腫瘍学会(ASCO) Active menber
欧州臨床腫瘍学会(ESMO) Active menber

杉井 絹子
杉井 絹子
がん集学治療センター
化学療法科 医師
杉井 絹子
杉井 絹子
がん集学治療センター
化学療法科 医師

日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本内科学会総合内科専門医

化学療法科の特色

化学療法専従の医師による化学療法

外科医のメスと同じように、使い方によって効果や安全性が大きく変わってしまう化学療法は、扱う者の腕前、すなわち医師の力量が問われます。そのため相澤病院では、がんの種類や部位によって、日本臨床腫瘍学会の専門医、指導医の資格などを取得した化学療法専従の医師が診療にあたります。

さまざまな職種とのシームレスな連携による治療とケア

がんの治療=病気の治療ではありません。病気を診る医師、副作用をコントロールする薬剤師、生活を考えた支援をする看護師、ほかにも管理栄養士やメディカルソーシャルワーカー、臨床心理士、相談員など、さまざまな職種が関わり、病気の治療だけでなく、患者さんを診る「ひとのケア」をおこないます。

放射線や外科、内科、緩和ケア、遺伝子などの専門医による集学的治療

化学療法に放射線療法や外科手術などを効果的に組み合わせる「集学的治療」。さらには、緩和ケアとの組み合わせで、症状や副作用を抑えていくことも可能となりました。また、がんの遺伝子を調べることで、より適した薬剤選びも可能となっています。このように、相澤病院では専門家チームが患者さん一人ひとりにあった治療の提供に努めています。

世界の医療情報が入ってくる、相澤病院の化学療法

がん化学療法は日一日と新しいデータや薬剤が報告され、進歩が著しい分野です。相澤病院では世界標準とされる最新の医療をお届けするために、医師や薬剤師は国際学会へ積極的に参加し、研鑽を重ねています。

プライバシーを十分に確保した、全室個室の化学療法室

相澤病院がん集学治療センターでは個人のプライバシーに配慮し、全室個室管理で治療をおこないます。時間の掛かる治療であっても、気兼ねなくご家族とお過ごしいただけます。

主な施設と設備

診察室

待合室とは少し離れた場所にある診察室。診察室前にも十分なゆとりがあり、人目を気にすることなく、医師との対話に集中できます。

化学療法室

しっかりとした間仕切りで、プライバシーが確保されている個室の化学療法室。ベッドとリクライニングチェアの2種類があります。

ミキシングルーム

化学療法で使用する薬剤を滞りなくお届けするため、化学療法室に隣接するミキシングルームで、調剤をおこなっています。

受診のご案内

受診については下記のリンク先をご確認ください

受診のご案内はこちら
施設認定
  • テキスト
診療実績
学術業績

採用情報

化学療法科では、以下の職種を募集しております。詳しくはリンク先よりご確認ください。

医師
看護職
救命救急士