肝胆膵外科のご紹介

正確で安全な手術とともに
私たちは患者さんの心に寄り添いながら、肝胆膵疾患の治療にあたります。

正確で安全な手術をもとに
私たちは患者さんの心に寄り添いながら
肝胆膵疾患の治療にあたります。

正確で安全な手術のために
私たちは患者さんの心に寄り添いながら、
肝胆膵疾患の治療にあたります。

肝胆膵外科手術は消化器外科手術の中でも、特に難易度が高いといわれています。また、悪性疾患の場合、他の消化器疾患に比べ、予後が悪いことも知られています。このような特徴を持つ肝胆膵疾患に対し、我々は正確かつ安全な手術を提供するために、学会により認定された専門医によって綿密な術前診断とプランニングに基づき、手術をおこなっています。
同時に、罹患した患者さんとご家族に対し、親身に「自分の家族」のような気持ちで治療にあたっています。

肝胆膵外科 統括医長
高 賢樹
最近の投稿

診療科概要

肝臓、胆道(胆管や胆嚢、乳頭部)、十二指腸や膵臓に発生する悪性疾患と、胆石症・胆嚢炎などの良性疾患に対する外科治療をおこなっています。高度技能専門医が在籍し、手術にあたっています。

外来医師担当表
がんの診療体制について

主な対象疾患

  • 肝の悪性腫瘍(肝細胞癌・肝内胆管癌など)
  • 胆嚢・胆管の悪性腫瘍(胆嚢癌・胆管癌など)
  • 膵臓の悪性腫瘍(膵癌・神経内分泌腫瘍・IPMNなど)
  • 十二指腸の悪性腫瘍(十二指腸癌など)
  • 脾臓の悪性腫瘍(脾悪性リンパ腫など)
  • 胆石症・胆嚢炎

主な診療

  • 膵切除術(膵頭十二指腸および膵体尾部切除)
  • 肝切除術
  • 胆嚢・胆管切除術
  • 腹腔鏡下手術(肝・胆嚢・膵・脾)

医師紹介

高 賢樹
高 賢樹
肝胆膵外科 統括医長
高 賢樹
高 賢樹
肝胆膵外科 統括医長

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)
日本胆道学会指導医

西田 保則
西田 保則
外科センター 医長
西田 保則
西田 保則
外科センター 医長

日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本腹部救急医学会腹部救急認定医
日本胆道学会指導医

肝胆膵外科の特色

肝胆膵外科学会認定の高度技能専門医により手術を施行しています

肝胆膵外科手術は難易度が高いといわれ、これらの手術を安全に施行するために、学会による専門医制度が設けられています。この制度では、規定の経験を積み、手術ビデオの審査を通過した医師だけが専門医として認定されます。肝胆膵外科では高度技能専門医が在籍し、手術にあたっています。

高度技能専門医とは

内視鏡外科学会認定の技術認定医により手術を施行しています

過去にあった国内での内視鏡手術事故をうけ、内視鏡外科手術を安全に施行するため、学会による技術認定制度が設けられています。上記の肝胆膵高度技能医と同様、一定の経験を積んだ医師が手術ビデオの審査を受け、通過した医師が技術認定医として認められます。肝胆膵外科では技術認定医が在籍し、手術にあたっています。

技術認定取得者一覧

充実した他科との連携により、手術以外の治療も迅速かつ容易に施行できます

悪性疾患の治療は、一般的に手術・化学療法・放射線治療の3つを駆使しておこないます。現在はこれらを組み合わせて治療することが一般的になっており、例えば膵癌では術前および術後の化学療法が推奨されています。肝胆膵外科では、化学療法科や放射線治療科などの専門科と協力し、これらの治療を最短で施行できるよう連携しています。

主な施設と設備

小見出し

テキスト

小見出し

テキスト

小見出し

テキスト

施設認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設証
  • 肝疾患に関する専門医療機関
  • 日本胆道学会認定指導医制度 指導施設
診療実績
学術業績

受診のご案内

受診については下記のリンク先をご確認ください

受診のご案内はこちら

採用情報

肝胆膵外科では、以下の職種を募集しております。詳しくはリンク先よりご確認ください。

医師
看護職
救命救急士