がんと向き合う患者さんとご家族へ

がんと向き合う患者さんの想いを大切にした治療とケアを心がけています。

がんと向き合う患者さんの
想いを大切にした治療とケアを
心がけています。

がんと向き合う患者さんの
想いを大切にした治療とケアを
心がけています。

がんの状態やステージ、ご本人のご希望や生活状況を総合的に考えたうえで、診療科を超えた幅広い選択肢の中から、よりあなたにあった治療とケアをご提案します。また、がんや治療に関する不安や疑問、生活での心配事など、さまざまなご相談やご質問を専門のがん相談員がお受けしますので、何か気になることがありましたら、ぜひご相談ください。

私たちは、がんと向き合う
者患さんとご家族の想いを大切にした
がん治療とケアを心がけています。

がんの状態やステージ、ご本人のご希望や生活状況を総合的に考えたうえで、診療科を超えた幅広い選択肢の中から、よりあなたにあった治療とケアをご提案します。また、がんや治療に関する不安や疑問、生活での心配事など、さまざまなご相談やご質問を専門のがん相談員がお受けしますので、何か気になることがありましたら、ぜひご相談ください。

がんについて相談する

私たちは、がんと向き合う
者患さんとご家族の想いを大切にした
がん治療とケアを心がけています。

がんの状態やステージ、ご本人のご希望や生活状況を総合的に考えたうえで、診療科を超えた幅広い選択肢の中から、よりあなたにあった治療とケアをご提案します。また、がんや治療に関する不安や疑問、生活での心配事など、さまざまなご相談やご質問を専門のがん相談員がお受けしますので、何か気になることがありましたら、ぜひご相談ください。

がんについて相談する
私たちは、がんと向き合う者患さんとご家族の想いを大切にしたがん治療とケアを心がけています。
がんの状態やステージ、ご本人のご希望や生活状況を総合的に考えたうえで、診療科を超えた幅広い選択肢の中から、よりあなたにあった治療とケアをご提案します。また、がんや治療に関する不安や疑問、生活での心配事など、さまざまなご相談やご質問を専門のがん相談員がお受けしますので、何か気になることがありましたら、ぜひご相談ください。
がんについて相談する

臓器別のがん治療について

相澤病院では、さまざまな臓器のがんに対して治療を行っています。ここでは、臓器ごとのがん治療についてご紹介します。

がんの診療実績

相澤病院における「臓器がん登録の生存率解析」と「院内がん登録の生存率解析」は、こちらをご確認ください。

臓器がん登録
院内がん登録(UICC7版)
院内がん登録(UICC6版)
院内がん登録について

がんに関する認定・指定

相澤病院は「地域がん診療連携拠点病院」として、専門的で高度ながん治療とケアを提供しています。

<手術療法>

  • 日本外科学会 外科専門医制度修練施設

放射線療法・放射線画像診断

  • 日本医学放射線学会 放射線科専門医制度規程放射線科専門医修練機関
  • 日本医学放射線学会放射線科専門医特殊修練機関(認定部門:PET)
  • 日本核医学会 専門医教育病院

<化学療法>

  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設

<緩和ケア>

  • 日本緩和医療学会 認定研修施設

<消化器>

  • 日本気管食道科学会 認定気管食道科専門医研修施設
  • 日本食道学会 全国登録認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医制度指導施設
  • 日本消化器病学会 専門医制度審議委員会認定施設
  • 日本消化器外科学会 専門医制度規則専門医修練施設
  • 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業に係る指定医療機関
  • 日本肝臓学会認定施設

<呼吸器>

  • 日本呼吸器学会 認定施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定 中信松本病院関連施設

<乳腺・甲状腺>

  • 日本乳癌学会 認定医・専門医制度規則認定施設
  • 日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構認定 遺伝性乳癌卵巣癌総合診療連携施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 エキスパンダー実施施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 インプラント実施施設
  • 日本内分泌外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医制度認定施設

<泌尿器>

  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医教育施設

がん診療の流れ

さまざまな状況にある患者さんの診療に対応するため、幅広い診療科の専門医が連携しながら、治療方針の検討から生活に戻るまで、病院の総合力で診療にあたっています。

内視鏡治療
内科
外科手術
外科
放射線療法
化学療法
緩和ケア
がん集学治療センター
集学的治療
受診する

がんの検査について

より正確な診断をおこなうために、高度な検査機器を取り入れ、幅広いがん検査に対応しています。

内視鏡検査
  • 胃部内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 膵・胆管内視鏡検査(ERCP)
  • 超音波内視鏡検査(EUS)
  • 気管支内視鏡検査
放射線検査
  • PET/CT検査
  • MRI検査
  • CT検査
  • 乳房検査
超音波検査・その他
  • 腹部超音波検査
  • 体表超音波検査
  • 血液・化学検査(遺伝子検査)
  • 病理検査(遺伝子検査)
消化器内科
呼吸器内科
内視鏡センター
放射線画像診断センター

がん治療

高度で幅広い治療法の中から、各分野の専門医が検討した一人ひとりにあった治療とケアプランをご提案します。

相澤病院では、各診療科でおこなう手術療法に加え、がん治療の専門施設「がん集学治療センター」でおこなう先進的な放射線治療、化学療法、緩和ケアを組み合わせて、より効果の高い治療をめざす、「集学的治療」をおこなっています。また、治療方針の決定には「キャンサーボード」と呼ばれる各分野の専門医が集まるカンファレンスで、患者さん一人ひとりの治療を検討するため、診療科や一人の医師の意見に偏らない、病院としておすすめする治療やケアを提案しています。

キャンサーボード

がんの種別ごと日々おこなわれる「キャンサーボード」。さまざまな専門分野の医師たちが一堂に会し、患者さん一人ひとりの治療方針を検討しています。

がん集学治療センター

主に、外来通院による化学療法と放射線治療、緩和ケアを提供するがん治療の専門施設。一人ひとりの患者さんにあった治療を、経験ある各分野の専門医が担うとともに、専門のスタッフによるがんについての様々な相談もおこなっています。

詳しくはこちら

手術療法

消化器内科による内視鏡治療をはじめ、各部位ごとの専門医が外科手術を担当します。患者さんが生活を継続できるように、治癒をめざすことはもちろん、より体に負担が少なく、臓器の機能温存も考えた手術療法をおこなっています。

放射線療法

先進医療の「陽子線治療」、強度変調放射線治療(IMRT)の「トモセラピーHDA」、脳病変を治療する「ガンマナイフICON」と、国内でも有数の放射線治療装置を揃え、切らずに治すがん治療を提供しています。

化学療法

化学療法は、抗がん剤などの薬剤を使ったがん治療です。最新の医療情報と豊富な経験を持つ化学療法の専門スタッフが、一人ひとりの患者さんにあった化学療法を提案し、副作用を抑えながら治療をサポートします。

緩和ケア

がんの治療と併行して、患者さんやご家族が抱えるさまざまな苦痛を和らげる治療・ケアを提供します。多職種で構成される緩和ケアチームと連携し、一人ひとりの患者さんに合わせた治療とケアを提供します。

専門外来と訪問診療について

日常生活への復帰後も安心して過ごせるよう、専門外来や訪問診療で治療とケアを継続してサポートします。

リンパ浮腫外来

リンパ管の障害があるために、皮下組織に組織間液が過剰に溜まってしまうリンパ浮腫の患者さんに対して、リンパドレナージセラピスト認定コースを修了した看護師が、外来でリンパ浮腫ケアをおこないます。

ストーマ外来

ストーマと呼ばれる人工肛門・人工膀胱を相澤病院で造設された患者さんに対して、外科医師の診察後、皮膚・排泄ケア認定看護師などが、外来でストーマケアをおこない、快適に生活を送っていただくためのサポートをしています。

訪問診療

ご自宅での生活を送りながら、がん治療も継続していただくために、医師、看護師、薬剤師などがご自宅に伺って、診療をおこないます。患者さんの想いを尊重しながら、ご自宅で安心して過ごしていただくために、ご家族に対してのアドバイスやサポートもおこなっています。

在宅医療支援(訪問サービス)

患者さんの自宅での生活を支えるため、訪問看護、訪問リハビリ、通所リハビリ、居宅介護支援、ヘルパーなど、各専門スタッフによる地域に密着した在宅医療・介護サービスを提供しています。現在は、松本、塩尻、安曇野、新村、筑北、会田に事業所を構え、広範囲にサービスを展開しています。

地域在宅医療支援センター
地域在宅医療支援センター

相談・サポート

がんや治療に関する不安や疑問、生活での心配事など、さまざまなご相談やご質問を、がん専門相談員がお受けします。
がん相談支援センター
ハートサロン(患者さん・ご家族の集い)

毎月開催中。一人で気持ちを抱え込まずに、患者さんやご家族同士で悩みを共有したり、お話しをしてみませんか。


日 程: 毎月第4月曜日(日程が変更になる場合があります)
時 間: 13:00~15:00
会 場: 相澤病院内
参加費: 無料
お申し込み: 不要
お問い合わせ: がん相談支援センター


社会保険労務士による就労相談

がん患者さんが仕事と治療を両立するために、毎月一度、専門家が無料で相談に応じます。


対 象: がん患者さんとご家族(院内外問わず)
日 程: 毎月第2火曜日(日程が変更になる場合があります)
時 間: 14:00~17:00(お一人あたり30分程度)
会 場: 相澤病院がん集学治療センター内 がん相談室
相談料: 無料・要申込み
申込み方法: 電話でお申し込みください
お申し込み・お問い合わせ: がん相談支援センター


がんピアサポート

自身でもがんを経験した「がんピアサポーター」が、悩みや不安などに寄り添います。

紫苑の会(ご遺族の会)

大切な家族を亡くし、同じような想いをされた方々と、年に一度、語り合える場所です。

人間ドック・がん検診のご案内

がんの早期発見のために、幅広い選択肢から
自分のリスクにあわせて選べる人間ドックとがん検診

相澤健康センターでは、人間ドックに加え、全身からがんを発見するPET検査や、膵臓検診、消化管ドック、大腸CT検査、肺CT検査、女性特有のがんをまとめて検査できるレディースコースなど、ご自身のリスクに合わせて選べる幅広いがん検診やオプション検査をご用意しております。家族歴があるなど、がんが心配な方は、定期的な受診をおすすめします。

相澤健康センター

がんに関連する投稿

3Dマンモグラフィと吸引式組織生検の導入で 乳がんの診療体制がさらに充実します

2021年08月30日|

相澤病院では、乳がんの精査に用いる3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)並びにトモシンセシスガイド下吸引式組織生検装置、超音波ガイド下吸引式組織生検装置を導入し、9月1日より運用を開始します。これにより、従来の装置では発見困難であった病変の検出や詳細な精査が可能となり、検診から専門的な精査・治療までの診療提供体制が更に充実したものとなります。 導入装置について 3Dマンモグラフィ(トモシンセシス) 3Dマンモグラフィ装置 従来の2Dマンモグラフィが一方向からのX線による平面的な画像であるのに比べ、3Dマンモグラフィでは、多方向から撮影した複数のデータを組み合わせ、乳房を断層像として立体的かつ詳細に画像化します。これにより、従来のマンモグラフィでは見落とされやすかった病変の検出や、逆に正常でありながら異常と診断されがちだった病変への正確な診断が期待されます。また、日本人に多く、病変が見つかりにくいといわれる高密度乳腺(デンスブレスト)のタイプでも、従来のマンモグラフィよりも少ない被ばく量で、正確な診断が可能となります。 吸引式組織生検 吸引式組織生検装置

陽子線治療のオンライン・セカンドオピニオンを開始します

2021年06月22日|

相澤病院では、インターネットを活用した陽子線治療のセカンドオピニオン「オンライン・セカンドオピニオン」を、7月1日より開始します。これにより、陽子線治療のセカンドオピニオンでは、オンライン診療システムを介して、来院することなく専門医の意見を聞くことが可能となり、対面またはオンラインのいずれかをご選択いただけます。 陽子線治療のオンライン・セカンドオピニオン 開 始 日: 2021年7月1日(木) 実施方法: オンライン診療システム「CLINICS」のアプリを使用したビデオチャット 相談時間: 30分(~最長60分) 相談料金: 相談料11,000円 +予約料4,400円(30分を超過の場合、11,000円の追加料金が発生) お支払い: クレジットカードによるオンライン決済 お申し込み・お問い合わせ

「がん化学療法中の下痢」フォローツールの使用方法

2021年03月16日|

抗がん剤投与により、重得な下痢を生じた場合、腎不全、電解質異常、循環不全、重症感染症を起こして致命的となることもあるので、注意が必要です。 院外処方箋に対応する保険薬局において、がん化学療法中に下痢を訴える患者さんをフォローできるようなツールがあれば…と当院の救急外来医師にも協力いただき、有志の保険薬局薬剤師、当院薬剤師で協働して作成しました。 作成に関わったメンバー <相澤病院> 救命救急センター:山本 基佳 医師 薬剤センター:鬼窪 利英、中村 久美 <保険薬局> ほんじょう薬局:淺野 未代子、馬場 麻理子 ニコニコ薬局:唐澤 幸子 、窪田 靖 由比ヶ浜薬局:宮下