乳がんの治療について

国内外の数多くの研究によって判明した科学的根拠に基づいて診療計画を立て
患者さんの希望や背景・病状に応じて調整し実際の治療を行っていきます。

「乳がん」と一口に言っても、その病態は非常に多岐に渡ります。大きく広がっていてもそれほど進行していないものから、小さくても進行しているもの、非常におとなしい性質のがんから、治療効果が出にくい性質の悪いものまで、さまざまです。まずはいくつかの検査を用いて、その乳がんがどのようなものであるかを見極めることから治療は始まります。

相澤病院ではがんを正体を見極めた後に、その正体に合わせて有効性と安全性について科学的根拠の確認された標準治療をベースとして治療計画を立てていきます。標準治療とは“標準的な普通の治療”という意味ではなく、“日本国内の保険診療上でおこなえ、現時点で最も効果が高いと予想されている治療”という意味が最もイメージに近いものです。それらに本人の希望・病態・背景・持病など様々な要因を加味し、最終的な治療内容を決定していきます。

いわゆる“治癒”や“完治”という状態を目指すには、手術は欠かせないことがほとんどです。一昔前は「がんは手術で切除して治療はひとまず終わり、転移再発がないことを祈りながら様子を見る」という時代でした。しかし、その後の世界中でおこなわれてきたさまざまな研究結果などから、がんの正体とその真の姿が次々と明らかになってくるにしたがって、治療は大きく様変わりしてきています。

目に見えるがんは切除しても、目に見えないがんはすでに広がったり転移していることも少なくなく、その目に見えないがんをどのように治療していくか、というところが最終的な生存率に大きく寄与することが分かってきました。

目に見えないがんがいるのかいないのか、いるとしたらどこにいるのか、それが今の検査技術では完全には把握することはできません。そのため、手術で全部取り切れたと判断することは難しいのです。そういった場合をあらかじめ想定し、違う治療法で手術を補完しながら完治をめざしていくことになります(補助療法)。

補助療法の代表的なものとして放射線治療・薬物療法(抗がん剤治療、内分泌療法、分子標的薬治療)が挙げられ、多くの場合は手術療法とこれらの治療を組み合わせておこなっていくことが標準治療となります。

近年ではそれらに加え、乳房の再建や遺伝性乳がんの検索なども保険診療上でおこなえるようになっており、相澤病院でもそれらがおこなえる体制を整えています。がんの治療そのものだけでなく、ご本人の生活の質、またご家族の健康などに対してもお力添えできればと思っています。

乳腺外科の治療

乳房切除術(全摘術)

乳がんに対する最も基本的な手術の一つです。がんの広がりが比較的大きく、部分的な切除が困難な場合などに行われることの多い手術です。乳頭を含め、乳房の全てを切除します。脇の下のリンパ節(腋窩リンパ節)への転移の有無を手術中に調べ(センチネルリンパ節生検)、転移が認められる場合には腋窩リンパ節の切除(郭清)を同時に行います。

乳房温存療法(乳房部分切除+放射線治療)

がんを一回り大きくくり抜くように、乳房を部分的に切除し、乳頭や乳房の膨らみをできる限り温存する手術です。この治療が可能かどうかにはいくつか条件があり、主にがんの場所や大きさによって可能と判断される場合に選択できます。腋窩リンパ節に関しても全摘術と同様のことを行います。また残された乳房に対して、術後の放射線治療が基本的にセットで行われます。

乳頭乳輪温存乳房切除術+組織拡張器挿入術(乳房再建)

乳頭と乳輪および皮膚を基本的に全て残して中の乳房を全てくり抜くように切除する手術です。この治療も、可能かどうかにはいくつか条件があり、がんと乳頭の間に十分な間隔があること、性質の悪いがんではないこと、などが挙げられます。腋窩リンパ節に関しても全摘や部分切除と同様のことを行います。さらに乳房再建に備えて風船のような装置(組織拡張器)を埋め込む手術を同時に行います。

リスク軽減乳房切除術

アメリカの某有名女優さんが行って公表されたことで、一般にも多く知られるようになりました。遺伝的に乳がんに罹患する可能性の高いと判断された方が予防的に乳房切除を行います。遺伝子検査を行いHBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)と診断された方が対象となります。保険診療で行うには更にいくつかの条件が加えられます。がんのない正常な乳房の切除になりますので、慎重な決断が求められます。事前に遺伝カウンセリングなども必要になります。

乳腺外科の主担当医

橋都 透子
橋都 透子
乳腺・甲状腺外科 統括医長
橋都 透子
橋都 透子
乳腺・甲状腺外科 統括医長

日本外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会乳腺専門医・指導医

平野 龍亮
平野 龍亮
乳腺・甲状腺外科 医師
平野 龍亮
平野 龍亮
乳腺・甲状腺外科 医師

日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺認定医

中山 俊
中山 俊
乳腺・甲状腺外科 非常勤医師
中山 俊
中山 俊
乳腺・甲状腺外科 非常勤医師

日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺専門医

他科の共同担当医

小田 京太
小田 京太
がん集学治療センター放射線治療部門
トモセラピーセンター センター長
陽子線治療センター 副センター長
小田 京太
小田 京太
がん集学治療センター放射線治療部門
トモセラピーセンター センター長
陽子線治療センター 副センター長

日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定機構暫定教育医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

常川 主裕
常川 主裕
形成外科 非常勤医師
常川 主裕
常川 主裕
形成外科 非常勤医師
茂木 英明
茂木 英明
遺伝子診療科 統括医長
耳鼻いんこう科 統括医長
茂木 英明
茂木 英明
遺伝子診療科 統括医長
耳鼻いんこう科 統括医長

日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

乳腺・甲状腺外科
放射線治療科
形成外科
遺伝子診療科

がん集学治療センターの治療

放射線療法

放射線治療科と連携して治療をおこなっていきます。放射線治療(照射)がおこなわれるのは、がんのある場所が分かっている、がんが残っている可能性が高い部位があらかじめ予想できている、といった場合におこなわれます。手術に加えた補助療法として放射線療法がおこなわれる場合は、以下のようなものが代表的です。

・乳房温存療法で部分切除のあとに残った乳房に対して。
・手術の結果で判明したがんの様子で再発の可能性が比較的に高いと判断された場合に対して。(皮膚や鎖骨周辺のリンパ節に対して照射)

再発や転移への治療の場合は、場所・大きさ・個数・症状などに応じて適宜照射可能かを検討してきます。

化学療法(薬物療法)

「目に見えないほど小さく、どこにいるか分からない」がんに対しては、切除したり放射線治療で対応できません。したがって薬を血液に乗せて全身にくまなく届けることで治療をおこなっていきます。薬物療法(化学療法)には、抗がん剤治療、分子標的薬治療、内分泌療法(ホルモン療法)があります。どの治療法が適しているかはがんの性質によって異なるので、手術で取れた(もしくは生検した)乳がんの組織を検査して確認します。薬物療法は手術後におこなうことが多いのですが、がんの進み具合によっては手術前におこなう方が利点がある場合があります(術前補助化学療法:NAC)。

補助療法として薬物治療を行う場合の目的は乳がん細胞の根絶です。しかし、がんがすでに遠くに転移している場合(StageIV)や再発の場合には根絶は難しく、目的は、がんが大きくならないように、症状を和らげるために、症状の出現を遅らせるために、といったことになります。薬物療法(特に抗がん剤)は正常な細胞にも影響を与えて副作用も少なくないため、治療の目的と副作用・生活状況のバランスを考慮しながら治療をおこなっていきます。

リンパ浮腫ケア

乳がんの手術では脇の下のリンパ節に触れることが多く、術後に腕が浮腫んでしまう場合がときにあります。それをリンパ浮腫を呼び、脇のリンパ節をしっかり取った場合(腋窩郭清)に起こることが多いです。起こってしまった場合の治療として非常に良く効くことが証明された薬や手術といったものは正直まだなく、いかにリンパ浮腫を起こさないか、または起こった場合にいかに早期に発見し悪化させず軽減出来るか、といった日々の対処が重要になってきます。

手術で脇を触れた人は基本的に全て、手術での入院中にリンパ浮腫に対する生活の注意点や予防法、早期発見法などを、リハビリの理学療法士さんや専門知識を有した看護師により詳細かつ入念に指導します。

もし実際に起こってしまった場合には、理学療法・生活指導・装具の使用などを行い(リンパ浮腫外来)、いかに悪化させずに軽減できるかを目指してケアしていきます。

緩和ケア

緩和ケアというと終末期におこなわれるものであると思われている方も多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。「生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族の苦痛全般」が対象であり、終末期だけではなくがんの治療の最中も対象です。苦痛は痛みのみならずその他諸々の不快な症状全般や、精神的・社会的なものをも含みます。

必要な治療によって生じた避けられない有害事象(副作用)などで、やむを得ない苦痛や症状も時にはありますが、一般的に苦痛に耐えることと治療の効果には関係がなく、苦痛に耐えたから治療がよく効く、といったことはありません。当院でも「耐えなくてもよい苦痛は出来るだけ最小限に(できれば0に)」と考えています。何らかの症状があるときは遠慮なく担当医にお伝え下さい。必要ならば緩和ケア科、腫瘍精神科と連携して対応していきます。

「緩和ケア」という言葉に抵抗があることもあるかもしれませんが、むしろ早期からの緩和ケアを導入し、きちんと諸々の苦痛をおさえていた人の方が、がん自体への治療の継続期間が長かったり、生存期間が延長しているという傾向もあるようです。

また、がん相談支援センターでは、がん患者さんやご家族の方からの医学的なこと以外でもいろいろなご相談、ご質問にお受けしています。お気軽にご利用ください。

がん集学治療センター

遺伝子診療科の治療

遺伝子診療

乳がんと診断された方のうち5~10%程度の頻度で「乳がんになりやすい体質」を遺伝的に持っている方がいらっしゃいます。そのうちの約半数程度がHBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)と呼ばれるもので、その原因遺伝子は同定され、現在ではそれを調べることができます。

さらに、いくつかの条件(家族歴がある、若年発症である、他の癌にかかったことがある、などなど)を満たせばその検査を保険診療でおこなうことができます。その結果は乳がんの治療方針のみならず、ご自身・ご家族の未来・健康管理に対して重要な情報となります。

その一方で、人の遺伝情報を調べた結果というものは個人情報の最たるものであり、またご自身のだけでなくご家族にも影響の出てくる検査結果となります。よって「そもそも検査をおこなった方が良いかどうか」「家族はどうするか」「もし陽性なら今後どうするのか」といった検査にまつわるさまざまなことを、必要に応じてカウンセリングをおこないながら慎重に検査を進めて行きます。それらは遺伝子診療科と連携しておこなっていきます。

また再発や転移している方に対して「ほかに効く薬の候補はないか」というを調べるために多くの遺伝子を調べる検査(遺伝子パネル検査)をおこなうこともあり、同様に遺伝子診療科と連携して行っていきます。

遺伝子診療科

相澤病院の乳がんの治療実績(2019年度)(※検討中)

入院患者の年齢構成
0歳~10歳~20歳~30歳~40歳~50歳~60歳~70歳~80歳~90歳~
----16193224--

※10 症例未満は個人情報保護のため表示していません。

当院で治療した方のがんのステージ分類
入院での治療内容と平均在院日数
治療内容割合平均在院日数
検査、診断0.9%2.0日
手術治療78.5%6.4日
化学療法や放射線療法5.6%18.2日
手術治療 + 化学療法や放射線療法9.3%13.8日
その他の療法(緩和ケアなど)5.6%12.0日
手術件数
退院状況
5年生存率

乳がんに関連する投稿

新型コロナウイルス感染者の発生について(2021年3月24日 続報)

2021年04月02日|

3月22日、当院職員(病棟看護師)1名の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。当該職員と接触した可能性のある職員及び入院患者に対し、複数回のPCR検査を実施した結果、最終的に3月31日、全員の陰性が確認されたことから、院内への感染の波及はないと判断しました。 皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。

受診のご案内

受診については下記のリンク先をご確認ください

受診のご案内はこちら