出産をご予定の方へ

お母さんと赤ちゃんのために、
スタッフ一丸で出産から産後までをトータルケア

ご妊娠おめでとうございます。
これから生まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみにする反面、不安に感じることもあるかと思います。そんなお母さんの出産や育児に対する不安を少しでも取り除けるように、また、お母さんと赤ちゃんが出産から産後までを安全・快適に進められるように、相澤病院の医師、助産師、看護師、管理栄養士などのスタッフが一丸となってお手伝いします。

妊娠から産後までの流れ

お母さんと赤ちゃんのために、
スタッフ一丸で出産から産後までをトータルケア

ご妊娠おめでとうございます。
これから生まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみにする反面、不安に感じることもあるかと思います。そんなお母さんの出産や育児に対する不安を少しでも取り除けるように、また、お母さんと赤ちゃんが出産から産後までを安全・快適に進められるように、相澤病院の医師、助産師、看護師、管理栄養士などのスタッフが一丸となってお手伝いします。

妊娠から産後までの流れ
お母さんと赤ちゃんのために、スタッフ一丸で出産から産後までをトータルケア

ご妊娠おめでとうございます。
これから生まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみにする反面、不安に感じることもあるかと思います。そんなお母さんの出産や育児に対する不安を少しでも取り除けるように、また、お母さんと赤ちゃんが出産から産後までを安全・快適に進められるように、相澤病院の医師、助産師、看護師、管理栄養士などのスタッフが一丸となってお手伝いします。

妊娠から産後までの流れ

安心できる出産

病院の機能を生かし、24時間万全な体制で出産をサポート

自然な出産から合併症妊娠等のリスクの高い出産まで、24時間体制で小児科など各診療科がサポートします。より安全で質の高い医療を提供できるように、信州大学医学部附属病院や県立こども病院とも連携を進めています。

小児科医との連携

帝王切開などのリスクが伴う出産には必ず小児科医が立ち会い、生まれてすぐの赤ちゃんの診察や処置をおこなっています。また、出生後も赤ちゃんの様子や全身状態、体重の増え具合、哺乳量などを看護スタッフと一緒に確認し、赤ちゃんにとって一番よい状態を検討しています。

出産について

私たちはお母さんの「産む力」を尊重し、自然な出産を大切にしています

相澤病院はリスクの少ない、自然な出産を目指しています。分娩室や畳の上での出産の選択、ご家族の立ち会い等、できる限りお母さんの「産む力」を尊重しています。

フリースタイル出産

妊婦さんは出産時、自分と赤ちゃんに少しでも楽に感じる姿勢を必ずとるといわれていますが、楽な姿勢は人それぞれ違います。相澤病院では、できるだけ赤ちゃんの生まれてこようとする自然の力に逆らわず、出産していただけるようサポートをしています。「産みたい姿勢で産む。」それが、相澤病院のフリースタイル出産です。

畳のお部屋

フリースタイル出産ができる「畳の分娩室」。陣痛室と分娩室がセットになっているので、分娩中に移動する必要はありません。また、すぐ隣にある分娩室へ移動することも可能です。妊娠中から腰痛のある方や、お産のときに同じ姿勢を取り続けるのが苦痛な方にもおすすめです。

LDR用個室

陣痛から分娩、回復に至るまでを一部屋で過ごすことができる「LDR個室」。畳の分娩室同様に、いろいろなスタイルでの分娩が可能です。

母子の安全を最優先にするため、条件によっては難しい場合があります。予めご了承ください。

出産時の立ち会い

相澤病院では、出産時のご家族の立ち会い、特にお父さんの立ち会いを歓迎しています。赤ちゃんのへその緒をお父さんに切ってもらうこともできます。命の誕生の瞬間に、ぜひ大切な人に立ち会ってもらうのはいかがでしょうか。
出産の立ち会いにもさまざまな方法をご用意しています。ご希望に合わせてサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
※立ち会いをご検討中の方は、相澤病院の母親学級(お産の教室)で出産の流れやサポートを学んでいただくことをお勧めします。

カンガルーケアの推奨

相澤病院では、生まれたばかりの赤ちゃんの羊水などを拭き取った後に、お母さんのおなかの上でしばらく抱っこをしてもらう「カンガルーケア」を推奨しています。
赤ちゃんの状態や、帝王切開ではカンガルーケアができないこともありますが、その場合には、お母さんや赤ちゃんが落ち着いた時点で早くから触れ合いの場をもうけるようにしています。また、予定帝王切開の場合は、パートナーの方にカンガルーケアをおこなっていただくことも可能です。

カンガルーケアのメリット(現在リンク先なし)

出産後のフォロー

お母さんが自信を持って子育てできるようお手伝いします

母児同室

産後、母子共に健康であれば、お産直後から赤ちゃんと一緒にお部屋で過ごすことができます。一緒のお部屋にいることで、赤ちゃんと生活するリズムがつかめますし、赤ちゃんのほしがるときに授乳をすることもできます。お母さんが授乳や赤ちゃんのお世話に慣れるまで、スタッフがお手伝いします。また、少しお休みになりたいときは、赤ちゃんをお預かりします。

母乳育児の支援

母乳育児のメリットはお母さんと赤ちゃんとのスキンシップだけではありません。赤ちゃんがお母さんから貴重な免疫をもらえたり、哺乳瓶の使用に比べ経済的であるなど、さまざまなメリットがあります。相澤病院では、お母さんと赤ちゃんに合った授乳方法を見つけられるように、24時間いつでもお母さんと赤ちゃんのタイミングに合わせた授乳の介助をおこないます。

母乳育児のメリット
沐浴の指導

赤ちゃんのお風呂「沐浴」もサポートしています。相澤病院では、お母さんに沐浴をしていただく機会があります。見聞きしただけではわからないポイントなどを、実際の沐浴で覚えていただけるので、退院後も安心して育児に取り組めます。

産後ケア

退院後も安心して赤ちゃんとの生活を送れるようにサポートします

退院された後も安心して授乳や育児をおこなっていけるよう、相澤病院がサポートをしています。「赤ちゃんの体重は増えているのかな」「授乳の方法はこれでいいのかな」等、赤ちゃんのことやお母さんの質問・不安に助産師がお応えしますので、お気軽にご相談ください。

産後2週間健診

出産後2週間を目処に、お母さんの心と体の調子を診る健診があります。産婦健康診査受診票(補助券)を自治体からもらっている方が対象です。

内容
尿検査、助産師による面談
※担当助産師の判断により、医師診察を追加する場合があります

予約方法
入院中に承りますので、産婦健康診査受診票を入院時にお持ちください。

1ヶ月健診

出産後1か月ほどで赤ちゃんとお母さんの健診があります。赤ちゃんの健診中にお母さんが助産師とお話しする時間を設けています。

内容
赤ちゃん 計測(体重・身長・腹囲・胸囲)、医師の診察、助産師と面談
お母さん 尿検査、血圧・体重測定、医師の診察、助産師と面談

予約方法
入院中に承ります。

母乳相談

出産後のお母さんと赤ちゃんの様子によって、退院後に母乳相談を実施しています。
必要に応じて、産科医や小児科医とも連携をとり対応します。

料金
2,000円(自治体によって補助あり)

時間
30分~1時間程度

産後訪問

相澤病院で出産されたお母さんと赤ちゃんを対象に、助産師がご自宅への訪問をおこなっています。お母さんと赤ちゃんの体と心の相談、育児の相談等をお受けしています。

料金
無料(初産婦さん優先)

時間
30分~1時間程度

訪問エリア
松本市(安曇除く)・塩尻市(楢川除く)・山形村・朝日村・安曇野市

電話による育児相談

24時間365日、いつでも電話によるご相談を受け付けています。 母乳育児について、乳腺炎様症状について、卒乳について、赤ちゃんの体重増加について、育児相談についてなど、気になることがあればいつでもお電話ください。

産後ケア入院

出産後、お母さんの体調が回復しきらなかったり育児に不安がある場合、また、育児支援が得られないなどの状況に応じて、入院を延長して助産師によるケアを継続することができます。

対象
相澤病院で出産された方、出産予定の方

内容
お母さんと赤ちゃんの健康管理・授乳支援・沐浴などの育児指導など

利用方法
入院の際に病棟スタッフに直接お申し出ください。(松本市・安曇野市・塩尻市にお住まいの方は、自治体の補助があります)

産後ケア

退院後も安心して赤ちゃんとの生活を送れるようにサポートします

退院された後も安心して授乳や育児をおこなっていけるよう、相澤病院がサポートをしています。「赤ちゃんの体重は増えているのかな」「授乳の方法はこれでいいのかな」等、赤ちゃんのことやお母さんの質問・不安に助産師がお応えしますので、お気軽にご相談ください。

産後2週間健診

出産後2週間を目処に、お母さんの心と体の調子を診る健診があります。産婦健康診査受診票(補助券)を自治体からもらっている方が対象です。

内容
尿検査、助産師による面談
※担当助産師の判断により、医師診察を追加する場合があります

予約方法
入院中に承りますので、産婦健康診査受診票を入院時にお持ちください。

1ヶ月健診

出産後1か月ほどで赤ちゃんとお母さんの健診があります。赤ちゃんの健診中にお母さんが助産師とお話しする時間を設けています。

内容
赤ちゃん 計測(体重・身長・腹囲・胸囲)、医師の診察、助産師と面談
お母さん 尿検査、血圧・体重測定、医師の診察、助産師と面談

予約方法
入院中に承ります。

母乳相談

出産後のお母さんと赤ちゃんの様子によって、退院後に母乳相談を実施しています。
必要に応じて、産科医や小児科医とも連携をとり対応します。

料金
2,000円(自治体によって補助あり)

時間
30分~1時間程度

産後訪問

相澤病院で出産されたお母さんと赤ちゃんを対象に、助産師がご自宅への訪問をおこなっています。お母さんと赤ちゃんの体と心の相談、育児の相談等をお受けしています。

料金
無料(初産婦さん優先)

時間
30分~1時間程度

訪問エリア
松本市(安曇除く)・塩尻市(楢川除く)・山形村・朝日村・安曇野市

電話による育児相談

24時間365日、いつでも電話によるご相談を受け付けています。 母乳育児について、乳腺炎様症状について、卒乳について、赤ちゃんの体重増加について、育児相談についてなど、気になることがあればいつでもお電話ください。

産後ケア入院

出産後、お母さんの体調が回復しきらなかったり育児に不安がある場合、また、育児支援が得られないなどの状況に応じて、入院を延長して助産師によるケアを継続することができます。

対象
相澤病院で出産された方、出産予定の方

内容
お母さんと赤ちゃんの健康管理・授乳支援・沐浴などの育児指導など

利用方法
入院の際に病棟スタッフに直接お申し出ください。(松本市・安曇野市・塩尻市にお住まいの方は、自治体の補助があります)

最近の投稿

新型コロナウイルス感染者の発生について(2021年3月24日 続報)

2021年04月02日|0コメント

3月22日、当院職員(病棟看護師)1名の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。当該職員と接触した可能性のある職員及び入院患者に対し、複数回のPCR検査を実施した結果、最終的に3月31日、全員の陰性が確認されたことから、院内への感染の波及はないと判断しました。 皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 引き続き、感染対策を徹底して参ります。 2021年 4月2日 相澤病院 院長 田内 克典

紹介状なしの負担金(選定療養費)について

2021年04月01日|0コメント

平成30年4月より 他の医療機関(病院・診療所)等からの紹介状(診療情報提供書)を持参されず、直接来院し診療を受けられる(受けられた)場合、保険医療機関相互間の機能の分担および業務の連携のための措置として、厚生労働大臣が定めた選定療養費(保険適用外)として、当院では次のとおり請求させていただきます。 ※詳細は受付窓口等にてご説明いたします。 Ⅰ.【初診時の選定療養費について】 初診時の選定療養費とは、病院と診療所の機能分担の推進を図るために、国が定めた制度です。他の医療機関から紹介状なしに地域医療支援病院(200床未満は除く)を受診した患者さんについては、通常の医療費の他に病院が定めた金額をご負担いただくというものです。 相澤病院では、国が定めた制度に基づき、他の医療機関から紹介状なしに来院された初診患者さんについては、初診時選定療養費をご負担いただいております。 初診時選定療養費 5,500円(税込) Ⅱ.【再診時の選定療養費について】 再診時の選定療養費とは、初診時の選定療養費と同様に国が定めた制度で、他の病院や診療所に対して文章により紹介を行ったものにかかわらず、引き続き同じ病院を受診される場合に、通常の医療費の他に病院が定めた金額を患者さんにご負担いただくというものです。 相澤病院では、担当医が他の病院や診療所に対し紹介を行ったにもかかわらず、引き続き当院を受診される再診患者さんについては、再診時選定療養費をご負担いただいております。 再診時選定療養費 2,750円(税込) *ご負担の対象とならない方 紹介状をお持ちの方 救急患者(※救急医療の適応外と判断された場合は除く) 国の公費負担医療制度の受給対象者 特定の障害、特定の疾患等により各種公費負担制度の受給対象者 予防接種希望者 *初診となる場合 当院に初めて受診される方 任意に治療を中止し1ヶ月以上経過した後で、再び同一の保険医療機関において診療を受ける場合 前傷病の病名が治癒された患者さんで、新たに同じ科で受診される場合や別の科に受診される場合

先輩の声「自然が多く、趣味を楽しむことが出来る土地」

2021年03月30日|0コメント

相澤病院薬剤センター 藤井 芳範 県外出身、都内の病院で勤務していた藤井さん。 次の職場として相澤病院を選んだ理由はなんですか? 自然が多く、趣味である自転車を楽しむことが出来る土地である松本に興味がありました。相澤病院は中信地方の民間病院では最大規模の病院ですし、前職の経験も生かしつつ新しい経験も得られそうな職場だなと思ったので選択しました。 自転車だけでなく、剣道、ドライブ、音楽等々と多趣味です。 休日は、そこら中にサイクリングルートがあるので大抵どこか走っています。松本は四方を山に囲まれているため晴天率が高く、また冬は降雪率が低いのが特長です。湿度も低いので夏でもジメジメしていません。一年を通して洗濯物が良く乾きます。気候としても自転車に向いています。ドライブもまた然りです。冬の寒さは少し厳しいですが。慣れればなんてことはないです。多分。 松本は剣道も盛んで市内の道場で稽古に参加させて頂いています。職場から近いのもありがたいです。 新しい土地でも趣味があれば仲間も増えますし、違う職種、違う年齢層の方々と意見を交わすことは自分の為にもなります。こういったコミュニケーションは、仕事をする上でも役立っているのかなと感じています。 業務は土日祝日も多く、夜勤もあるシフト体制のため、休日が変則的です。しかし、プライベートの充実への理解も強く自転車の大会などにあわせた休みが取りやすいです。 仕事では、整形外科病棟を担当していることもあり、骨粗鬆症マネージャーの資格を取得しました。骨粗鬆症治療の運用において患者さんが安全な薬物療法を行えるように薬剤師としての意見や提案を発しています。 転職前は通勤時間が電車で1時間以上かかっていました(さいたま~都内)。しかも、満員電車。現在は自転車で15分程度。短縮した分の時間は趣味にあてています。生活がコンパクトになった事で平日でも時間的に余裕が出来ました。仕事後の活動範囲が広くなった事は転職後に気がついた利点です。 仕事だけでなく趣味も大事にしたい人には、働きやすい環境だと思います。 今後の目標を教えてください。 趣味:怪我をしない。 仕事:院内骨粗鬆症リエゾンサービス活動において薬剤師として患者に貢献する。

先輩の声「何故こんなにも長く勤められたのか振り返ってみました」

2021年03月30日|0コメント

相澤病院薬剤センター 中村 久美 なぜ相澤病院を選んだのですか? 私は大学卒業後、東京葛飾区の病院で働いていましたが、母親が「東京で自由にしていたら結婚もしないだろうし、心配だから・・・」と言うので松本へ戻り、結婚までの間という感じで相澤病院に入職しました。しかし、腰掛け程度にしか考えていなかった相澤勤務生活は、すでに25年を超えています。何故こんなにも長く勤められたのか振り返ってみました。 相澤病院で働き続けて来たのには、理由がありますか? 相澤病院での私の教育担当だった方の姿が今の私の根底にあるように思います。その先輩は赤ちゃんを産んでいくらかの産休後、職場復帰し、薬剤部のリーダーとして活き活きと働き、かつ、お料理上手な家庭人として、美味しい料理の作り方、お子さんとの楽しい生活の話を沢山してくれました。更に私に、医薬品情報に関わる仕事の面白さを教えてくれた大先輩もいて、結婚して子供が出来ても薬剤師という仕事を大切にしたいという想いが私の中でどんどん強くなりました。実際、産前休暇も1週間しかとらず、育児休暇も2ヶ月間のみと育児休暇の権利をほとんど返上して、私は職場復帰しました。かと言って相澤病院は育休も取れないのか?というわけではありません。今のスタッフは、産休前にも有休をつけてしっかりお休み出来ていますし、1年の育休後もお子さんの保育園のタイミング等あわせ、育児休暇を延長するスタッフもいますので、ご安心下さい。 産後休暇中、昼間から赤ちゃんと添い寝している自分が「みんなは今、働いているのに・・・」という罪悪感しか無かった私が、特殊なのでしょう。薬剤師という職業にハマったのは、先に記載したように医薬品情報に関わる仕事の面白さからですが、『医薬品情報を伝えるにはどうすべきか?(医療スタッフに提供すべき情報を獲得するには、病態や医療経営の知識が背景となりますし、伝達ツールの1つとしてパソコンの技能も必須です。)』を追求し続けることで、必要と考える様々な認定資格を取得してきました。 ・医療薬学専門薬剤師:日本医療薬学会 ・がん薬物療法認定薬剤師:日本病院薬剤師会 ・臨床栄養代謝がん専門療法士:日本臨床栄養代謝学会 ・NST専門療法士:日本臨床栄養代謝学会 ・糖尿病療養指導士:日本糖尿病療養指導士認定機構 ・医療経営士3級:日本医療経営実践協会 ・パソコンインストラクター1級:全日本情報学習振興協会 こうした認定資格を取得するにも、相澤病院ではバックアップ体制が整っています。 また海外での学会発表にも取り組むことが出来たことは、私の財産と思っています。 2017 EUROPEAN SOCIETY FOR MEDICAL ONCOLOGY AsiaではBEST POSTER にも選ばれましたが、相澤病院の仲間がいなければ成し得なかったことです。 ・2015 American Society Clinical Oncology Annual Meeting

  • JAMS

相澤健康スポーツ医科学センター 4月1日グランドオープン

2021年03月25日|0コメント

社会医療法人財団 慈泉会では、スポーツ医科学の知識と経験を健康増進の分野にて幅広く活用するサービスの拠点として、相澤健康スポーツ医科学センター(通称:JAMS・ジャムス)を4月1日に、グランドオープンいたします。JAMSは、トップアスリートのリハビリテーションやトレーナー経験のある理学療法士が中心となり、アスリートだけでなく、スポーツ愛好家のケガ予防から高齢者の健康寿命延伸までをサポートする、健康づくりと予防医療のための施設です。昨年9月に利用者を限定してプレオープンし、準備を進めて参りました。そして4月1日より、全ての皆様にご利用いただける施設としてグランドオープンいたします。 <施設名称>  相澤健康スポーツ医科学センター(通称:JAMS・ジャムス) <事業内容>  コンディショニング、体力向上プログラム、トレーニング(パーソナル・グループ)、相澤フィットネス(健康教室)、チームサポート、長野県国体サポート、健康経営企業サポート <スタッフ>  理学療法士10名(うち、アスレティックトレーナー1名、パーソナルトレーナー1名)、上級トレーニング指導者1名、科学研究員1名、薬剤師1名、管理栄養士1名 <所在地>  松本市本庄2-4-1 本庄フォーラム3F(相澤病院西側に隣接) <受付開始>  2021年4月1日(木)09:00~ <利用時間>  月~金曜日の09:00~19:00(祝日、12/30~1/3を除く) <お申し込み・お問い合わせ>  相澤健康スポーツ医科学センター Tel.070-4106-7717 ※JAMSのサービスは医療行為、治療行為ではありません。 ※サービスや料金等の詳細は、JAMSのウェブページでご確認ください。 【取材について】 ・新型コロナウイルス感染防止のため、報道向け内覧会等のイベントはございません。 ・取材をご希望の場合は、取材申し込みフォームよりお申し込みください。 <このリリース・取材に関するお問い合わせ>  社会医療法人財団 慈泉会 広報企画室 担当:寺澤  Tel.0263-33-8600

新型コロナウイルス感染者の発生について

2021年03月24日|0コメント

3月22日当院職員(病棟看護師)1名の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。 当該職員の勤務状況を確認し、当該職員と接触した可能性のある21名に対して、同日、LAMP法によるスクリーニング検査を実施し、全員の陰性を確認しました。 3月23日長野県クラスター対策チームと協議し、潜在性感染者の存在を否定する目的で、同日、当該病棟の入院患者33名および職員52名に対してPCR検査を実施し、本日、全員の陰性を確認しました。 以上より、院内への感染波及の可能性は低いと判断されたことから、通常の診療体制を継続します。尚、今後も定期的なスクリーニング検査を実施する予定です。 皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。 2021年 3月24日 相澤病院 院長 田内 克典