出産をご予定の方へ

お母さんと赤ちゃんのために、
スタッフ一丸で出産から産後までをトータルケア

ご妊娠おめでとうございます。
これから生まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみにする反面、不安に感じることもあるかと思います。そんなお母さんの出産や育児に対する不安を少しでも取り除けるように、また、お母さんと赤ちゃんが出産から産後までを安全・快適に進められるように、相澤病院の医師、助産師、看護師、管理栄養士などのスタッフが一丸となってお手伝いします。

妊娠から産後までの流れ

お母さんと赤ちゃんのために、
スタッフ一丸で出産から産後までをトータルケア

ご妊娠おめでとうございます。
これから生まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみにする反面、不安に感じることもあるかと思います。そんなお母さんの出産や育児に対する不安を少しでも取り除けるように、また、お母さんと赤ちゃんが出産から産後までを安全・快適に進められるように、相澤病院の医師、助産師、看護師、管理栄養士などのスタッフが一丸となってお手伝いします。

妊娠から産後までの流れ
お母さんと赤ちゃんのために、スタッフ一丸で出産から産後までをトータルケア

ご妊娠おめでとうございます。
これから生まれてくる赤ちゃんとの生活を楽しみにする反面、不安に感じることもあるかと思います。そんなお母さんの出産や育児に対する不安を少しでも取り除けるように、また、お母さんと赤ちゃんが出産から産後までを安全・快適に進められるように、相澤病院の医師、助産師、看護師、管理栄養士などのスタッフが一丸となってお手伝いします。

妊娠から産後までの流れ

安心できる出産

病院の機能を生かし、24時間万全な体制で出産をサポート

自然な出産から合併症妊娠等のリスクの高い出産まで、24時間体制で小児科など各診療科がサポートします。より安全で質の高い医療を提供できるように、信州大学医学部附属病院や県立こども病院とも連携を進めています。

小児科医との連携

帝王切開などのリスクが伴う出産には必ず小児科医が立ち会い、生まれてすぐの赤ちゃんの診察や処置をおこなっています。また、出生後も赤ちゃんの様子や全身状態、体重の増え具合、哺乳量などを看護スタッフと一緒に確認し、赤ちゃんにとって一番よい状態を検討しています。

出産について

私たちはお母さんの「産む力」を尊重し、自然な出産を大切にしています

相澤病院はリスクの少ない、自然な出産を目指しています。分娩室や畳の上での出産の選択、ご家族の立ち会い等、できる限りお母さんの「産む力」を尊重しています。

フリースタイル出産

妊婦さんは出産時、自分と赤ちゃんに少しでも楽に感じる姿勢を必ずとるといわれていますが、楽な姿勢は人それぞれ違います。相澤病院では、できるだけ赤ちゃんの生まれてこようとする自然の力に逆らわず、出産していただけるようサポートをしています。「産みたい姿勢で産む。」それが、相澤病院のフリースタイル出産です。

畳のお部屋

フリースタイル出産ができる「畳の分娩室」。陣痛室と分娩室がセットになっているので、分娩中に移動する必要はありません。また、すぐ隣にある分娩室へ移動することも可能です。妊娠中から腰痛のある方や、お産のときに同じ姿勢を取り続けるのが苦痛な方にもおすすめです。

LDR用個室

陣痛から分娩、回復に至るまでを一部屋で過ごすことができる「LDR個室」。畳の分娩室同様に、いろいろなスタイルでの分娩が可能です。

母子の安全を最優先にするため、条件によっては難しい場合があります。予めご了承ください。

出産時の立ち会い

相澤病院では、出産時のご家族の立ち会い、特にお父さんの立ち会いを歓迎しています。赤ちゃんのへその緒をお父さんに切ってもらうこともできます。命の誕生の瞬間に、ぜひ大切な人に立ち会ってもらうのはいかがでしょうか。
出産の立ち会いにもさまざまな方法をご用意しています。ご希望に合わせてサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
※立ち会いをご検討中の方は、相澤病院の母親学級(お産の教室)で出産の流れやサポートを学んでいただくことをお勧めします。

カンガルーケアの推奨

相澤病院では、生まれたばかりの赤ちゃんの羊水などを拭き取った後に、お母さんのおなかの上でしばらく抱っこをしてもらう「カンガルーケア」を推奨しています。
赤ちゃんの状態や、帝王切開ではカンガルーケアができないこともありますが、その場合には、お母さんや赤ちゃんが落ち着いた時点で早くから触れ合いの場をもうけるようにしています。また、予定帝王切開の場合は、パートナーの方にカンガルーケアをおこなっていただくことも可能です。

カンガルーケアのメリット(現在リンク先なし)

出産後のフォロー

お母さんが自信を持って子育てできるようお手伝いします

母児同室

産後、母子共に健康であれば、お産直後から赤ちゃんと一緒にお部屋で過ごすことができます。一緒のお部屋にいることで、赤ちゃんと生活するリズムがつかめますし、赤ちゃんのほしがるときに授乳をすることもできます。お母さんが授乳や赤ちゃんのお世話に慣れるまで、スタッフがお手伝いします。また、少しお休みになりたいときは、赤ちゃんをお預かりします。

母乳育児の支援

母乳育児のメリットはお母さんと赤ちゃんとのスキンシップだけではありません。赤ちゃんがお母さんから貴重な免疫をもらえたり、哺乳瓶の使用に比べ経済的であるなど、さまざまなメリットがあります。相澤病院では、お母さんと赤ちゃんに合った授乳方法を見つけられるように、24時間いつでもお母さんと赤ちゃんのタイミングに合わせた授乳の介助をおこないます。

母乳育児のメリット
沐浴の指導

赤ちゃんのお風呂「沐浴」もサポートしています。相澤病院では、お母さんに沐浴をしていただく機会があります。見聞きしただけではわからないポイントなどを、実際の沐浴で覚えていただけるので、退院後も安心して育児に取り組めます。

産後ケア

退院後も安心して赤ちゃんとの生活を送れるようにサポートします

退院された後も安心して授乳や育児をおこなっていけるよう、相澤病院がサポートをしています。「赤ちゃんの体重は増えているのかな」「授乳の方法はこれでいいのかな」等、赤ちゃんのことやお母さんの質問・不安に助産師がお応えしますので、お気軽にご相談ください。

産後2週間健診

出産後2週間を目処に、お母さんの心と体の調子を診る健診があります。産婦健康診査受診票(補助券)を自治体からもらっている方が対象です。

内容
尿検査、助産師による面談
※担当助産師の判断により、医師診察を追加する場合があります

予約方法
入院中に承りますので、産婦健康診査受診票を入院時にお持ちください。

1ヶ月健診

出産後1か月ほどで赤ちゃんとお母さんの健診があります。赤ちゃんの健診中にお母さんが助産師とお話しする時間を設けています。

内容
赤ちゃん 計測(体重・身長・腹囲・胸囲)、医師の診察、助産師と面談
お母さん 尿検査、血圧・体重測定、医師の診察、助産師と面談

予約方法
入院中に承ります。

母乳相談

出産後のお母さんと赤ちゃんの様子によって、退院後に母乳相談を実施しています。
必要に応じて、産科医や小児科医とも連携をとり対応します。

料金
2,000円(自治体によって補助あり)

時間
30分~1時間程度

産後訪問

相澤病院で出産されたお母さんと赤ちゃんを対象に、助産師がご自宅への訪問をおこなっています。お母さんと赤ちゃんの体と心の相談、育児の相談等をお受けしています。

料金
無料(初産婦さん優先)

時間
30分~1時間程度

訪問エリア
松本市(安曇除く)・塩尻市(楢川除く)・山形村・朝日村・安曇野市

電話による育児相談

24時間365日、いつでも電話によるご相談を受け付けています。 母乳育児について、乳腺炎様症状について、卒乳について、赤ちゃんの体重増加について、育児相談についてなど、気になることがあればいつでもお電話ください。

産後ケア入院

出産後、お母さんの体調が回復しきらなかったり育児に不安がある場合、また、育児支援が得られないなどの状況に応じて、入院を延長して助産師によるケアを継続することができます。

対象
相澤病院で出産された方、出産予定の方

内容
お母さんと赤ちゃんの健康管理・授乳支援・沐浴などの育児指導など

利用方法
入院の際に病棟スタッフに直接お申し出ください。(松本市・安曇野市・塩尻市にお住まいの方は、自治体の補助があります)

産後ケア

退院後も安心して赤ちゃんとの生活を送れるようにサポートします

退院された後も安心して授乳や育児をおこなっていけるよう、相澤病院がサポートをしています。「赤ちゃんの体重は増えているのかな」「授乳の方法はこれでいいのかな」等、赤ちゃんのことやお母さんの質問・不安に助産師がお応えしますので、お気軽にご相談ください。

産後2週間健診

出産後2週間を目処に、お母さんの心と体の調子を診る健診があります。産婦健康診査受診票(補助券)を自治体からもらっている方が対象です。

内容
尿検査、助産師による面談
※担当助産師の判断により、医師診察を追加する場合があります

予約方法
入院中に承りますので、産婦健康診査受診票を入院時にお持ちください。

1ヶ月健診

出産後1か月ほどで赤ちゃんとお母さんの健診があります。赤ちゃんの健診中にお母さんが助産師とお話しする時間を設けています。

内容
赤ちゃん 計測(体重・身長・腹囲・胸囲)、医師の診察、助産師と面談
お母さん 尿検査、血圧・体重測定、医師の診察、助産師と面談

予約方法
入院中に承ります。

母乳相談

出産後のお母さんと赤ちゃんの様子によって、退院後に母乳相談を実施しています。
必要に応じて、産科医や小児科医とも連携をとり対応します。

料金
2,000円(自治体によって補助あり)

時間
30分~1時間程度

産後訪問

相澤病院で出産されたお母さんと赤ちゃんを対象に、助産師がご自宅への訪問をおこなっています。お母さんと赤ちゃんの体と心の相談、育児の相談等をお受けしています。

料金
無料(初産婦さん優先)

時間
30分~1時間程度

訪問エリア
松本市(安曇除く)・塩尻市(楢川除く)・山形村・朝日村・安曇野市

電話による育児相談

24時間365日、いつでも電話によるご相談を受け付けています。 母乳育児について、乳腺炎様症状について、卒乳について、赤ちゃんの体重増加について、育児相談についてなど、気になることがあればいつでもお電話ください。

産後ケア入院

出産後、お母さんの体調が回復しきらなかったり育児に不安がある場合、また、育児支援が得られないなどの状況に応じて、入院を延長して助産師によるケアを継続することができます。

対象
相澤病院で出産された方、出産予定の方

内容
お母さんと赤ちゃんの健康管理・授乳支援・沐浴などの育児指導など

利用方法
入院の際に病棟スタッフに直接お申し出ください。(松本市・安曇野市・塩尻市にお住まいの方は、自治体の補助があります)

最近の投稿

将来のために「医師としての基礎体力」がつく環境で学ぶ

2021年01月22日|0コメント

卒後臨床2年次研修医 今井淳葵 相澤病院の初期研修の環境こそ、私が求めるものだと思いました。 初期研修は出身地の長野県でと考えていましたが、初めからERに携わり、さまざまな症例を多く経験できる相澤病院は、特に注目していました。実際に見学に行くと、「能動的に患者さんを診ることができ、幅広く経験を積める環境」を求めていた私の思いにぴったり重なる病院だと感じ、初期研修の場に選びました。 また、全ての診療科を経験できるのも大きなメリットです。ERから専門科へ患者さんをお願いする時には、各診療科での診療のことまで考えることができますし、後日、専門医の先生と話をして見解を深めることもできます。今のところ経験症例数は1,200ほどですが、私は数よりも、一人ひとりの患者さんにいかに丁寧に接するかというところを一番に意識しています。 将来は消化器内科の医師を目指しています。初期研修でさまざまな診療科をローテーションしていく中で、患者さんときめ細かなコミュニケーションを取ることのできる相澤病院の内科を経験して、その魅力を改めて実感しました。 スタッフ間のコミュニケーションはバッチリ。 周囲の支えが心強いです。 相澤病院はとても明るく、雰囲気の良い職場です。例えば入院患者さんを一人診るにしても、より良い状態での退院を目指して、医師、看護師、コメディカルスタッフなどが密にコミュニケーションを取り合い、何でも話し合えるような開けた空間だと思います。年の近い先生方はもちろん、ベテランの先生にも、大事なことからちょっとしたことまで気軽に聞くことができます。コメディカルスタッフの皆さんともよく相談します。優しい方が本当に多い病院だなと思います。優しい方が多いです。 最初からERで働くことになるので、初めは不安も少なからずありましたが、周りの方々からの強力なバックアップに支えられてきました。 ERでは、担当患者さんへの帰宅時の説明を研修医が行います。患者さんにとって私たちは、研修医かベテランかに関係なく、同じ「医師」。自分の言葉が重みを持って受け止められることを忘れず、また「この方にはこう言葉を掛けよう」とか、一人ひとりの患者さんのことを考えながらお伝えするよう心がけています。患者さんに適切な問診や説明を行うためには、より専門的な知識と技術を身につけることが必要と、日々切磋琢磨しています。 仲間と過ごす休日や、病院のイベント。 心ほぐれる、ほっとする時間もあります。 私は研修医の中でリーダーを務めています。必要な時はまとめ役をしますが、基本的にみんなには、自由にのびのびやってもらっています。とはいえ、横のつながりは大切にしていますし、みんな仲がいいです。松本は飲食店がたくさんあるので、仕事終わりに研修医のみんなと飲みに出かけたり、休日には病院近くの薄(すすき)川でバーベキューをしたりして楽しんでいます。 年に2回は1週間の休暇を取ることができます。国内の温泉巡りをしてご当地のお酒を飲むというのが幸せです。 年1回開催の病院祭における研修医ブースでは、腹腔鏡や医療用カメラを使った体験型イベントを行い、地域の方々との交流を楽しみました。また、歴代の研修医の先生方が全国から集まり、食事をしながらフランクな雰囲気で会話を楽しめる「同窓会」も貴重な機会。こんな、ほっと一息つけるような時間も用意されています。 学生時代、初めて相澤病院のERを見学した時に感じた「すごく明るい雰囲気だな」という印象は、今も全く変わっていません。現在、初期研修の場を検討している方は、とにかく一度実際に足を運んで、相澤病院の雰囲気や空気を感じてほしいと思います。 ※本原稿は2019年6月に取材・撮影

将来のために「医師としての基礎体力」がつく環境で学ぶ

2021年01月22日|0コメント

卒後臨床研修センター長 山本智清 多様な症例を診ることができる相澤病院のメリットとは。 相澤病院での研修でのメリットとして、とにかく毎日「多くの症例とその治療に出会い、研修医自身がひとつ一つ間近で診ることができる」ということがあります。すなわち、その経験の分だけ、知識と技術が身につき、医師としてこの先様々な場面での判断や診療の選択に役立つ基礎体力がつくということです。実際、私が担当する消化器内科でも内視鏡検査だけをとっても多くの症例を経験できますし、その手法も十分に学ぶことができます。 全ての診療科を経験する相澤病院の研修プログラムでは、当然、研修医自身が目指す専門科と異なる科も研修していきます。時には「このことをやることに意味があるのか」と思うこともあるかもしれません。しかし、この時期は最短距離を進まなくてもよいと思います。その分幅広い経験をつめば総合的に大きな力となって帰ってくることは間違いありませんから。 卒後臨床研修評価機構認定の医療機関として。 相澤病院は、JCEP(NPO法人卒後臨床研修評価機構)の認定を受けた病院です。これは、第3者機関が公平な立場と評価で社会が要請する医師像を目指す研修プログラムであるかどうかを評価するもので、卒後臨床の研修環境として優れた病院であることの証です。この評価(審査)を受けることによって、研修を提供する私たち自身にも新たにプログラムへの「気づき」も生まれ、さらに価値の高い研修を提供できる環境として発展し続けることができます。そして、研修医の皆さんの成長をいつでもサポートできる病院で在りたいと考えています。

相澤病院の医療提供体制について

2021年01月15日|0コメント

1月14日(木)の長野県による「医療非常事態宣言」発出を受けまして、相澤病院では、新型コロナウイルス感染症の重症から中等症患者さんへの対応をおこないながら、救命救急センターとしての救急医療と地域がん診療連携拠点病院としてのがん治療に、医療資源を集中・集約することを決定しました。 新型コロナウイルス感染症への対応として、重症者用病床3床、中等症用病床15床、疑似症用病床25床を確保しての運用を開始します。 -- 救命救急医療およびがん患者さんへの診療、一般外来診療は継続します。 -- 住民の皆様、ならびに医療機関の皆様には、ご不便とご迷惑をおかけしますが、限りある医療資源を最大限活用するための緊急的措置ですので、ご理解ご協力をお願いいたします。 2021年 1月15日 相澤病院 院長 田内 克典

新型コロナウイルス感染症者の発生について(第十報)

2021年01月13日|0コメント

1月11日(月)入院患者さん1名に、新型コロナウイルス感染陽性が確認されました。 当該患者さんは1月5日(火)に陽性が確認された患者さんの同室者です。同日実施したPCR検査では、陰性が確認されていましたが、濃厚接触者として隔離し、その後も経過観察中であったため、感染の広がりはないと判断しています。 2021年 1月13日 相澤病院 院長 田内 克典