トモセラピーセンターのご紹介

科学と個別化を融合したトモセラピーで、これからも患者さんと共に、治療に向き合いたいと思います。

科学と個別化を融合したトモセラピーで、
これからも患者さんと共に、
治療に向き合いたいと思います。

科学と個別化を融合した
トモセラピーで、
これからも患者さんと共に、
治療に向き合いたいと思います。

2005年、北海道で本邦初となるトモセラピーと出逢いました。従来の機器をさらに進化したオートマ車的な所に戸惑いながらも、今まで出来なかった照射法が実現でき、海の向こうにいる天才肌に感心したものです。一方で奇跡の装置と勘違いする人、怪しげな手法を提案する人、その度に「放射線治療装置は聖杯ではない」と説得するのに苦労しました。業界内ではヤッカミ妬み・誹謗中傷の多い中、仲間達にも助けられてここまで来ました。必要なのは「イイね!」。訪れる人々だけに留まらず、一緒に立ち向かう皆の「イイね!」がなければ治療は成功しません。結果が全てか、その過程が大切なのか。「先人の足跡」(エビデンス;科学)と「あなたの向かう道」(ナラティブ;個別化)を融合し、最後に皆で「イイね!」と言えるよう、これからも向き合いたいと思います。

がん集学治療センター 放射線治療部門
トモセラピーセンター センター長
小田 京太
最近の投稿

センター概要

相澤病院では2007年からトモセラピーにて治療を開始しました。トモセラピーは、腫瘍の形に沿った照射法により、正常組織への副作用軽減と治療効果向上が期待される治療装置です。また、治療開始直前に同装置でCT撮影を行い、3次元的な画像誘導により、腫瘍の位置を補正することで、位置ずれなく治療を行うことができます。さらに、複雑な照射方法でありながら自動化されたシステムにより、治療準備期間の大幅な短縮とより安全性の高い放射線治療が可能となっています。そして2017年にはトモセラピーHDAへと更新を行いました。これからも経験豊富な放射線治療専門医が治療計画を行い、高精度ながん治療をご提案します。

主な対象疾患

全症例(169/185/179)過去3年分

  • 乳癌(58/61/57)
  • 肺癌(11/29/29)
  • 前立腺癌(31/27/25)
  • 大腸癌(22/26/26)
  • 脳腫瘍(7/7/10)

主な診療

  • 初発・再発・転移
  • 転移
  • 初発・再発
施設認定
  • テキスト

担当医師

小田京太
小田京太
相澤病院 がん集学治療センター 放射線治療部門
トモセラピーセンター センター長
小田京太
小田京太
相澤病院 がん集学治療センター 放射線治療部門
トモセラピーセンター センター長

日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定機構暫定教育医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

特徴

1.治療ごとの位置合わせで、がんを正確に狙います。(画像誘導放射線治療)

トモセラピーでは、治療開始前にCTを撮影し、取得したCTを元に3次元的(上下、左右、前後)に腫瘍や周辺の正常組織の位置を補正。これにより、位置ずれなく治療をおこなうことができます。

2.360度さまざまな方向から、がんを包囲します。

放射線を腫瘍に向け360度方向から照射することにより、各方向からの放射線量を減らすことが可能です。これにより、正常細胞へのダメージが軽減され、腫瘍の形状に沿った治療をおこなうことができます。

3.がんの形状に合わせて放射線の強さを変えています。

トモセラピーでは、0.625cmと細かい幅で腫瘍の形状を再現しています。これにより、放射線を強く照射したい場所には強く当て、放射線を照射したくない場所を避ける治療が可能です。

4.離れた部位や範囲が広い部位にも1連での照射が可能です。

治療中に寝台が移動することで、腫瘍の位置が点在していても、あるいは広い範囲であっても、1連の照射ができます。(※照射は数日間おこないます。)

5.不要な被曝を抑え、がんを集中的に狙います。

トモセラピーHDAからは、照射範囲の広がりが最小限に抑えられ、不要な被ばくを抑えることが可能となりました。

1.治療ごとの位置合わせで、がんを正確に狙います。(画像誘導放射線治療)トモセラピーでは、治療開始前にCTを撮影し、取得したCTを元に3次元的(上下、左右、前後)に腫瘍や周辺の正常組織の位置を補正。これにより、位置ずれなく治療を行うことができます。
2.360度さまざまな方向から、がんを包囲します。放射線を腫瘍に向け360度方向から照射することにより、各方向からの放射線量を減らすことが可能です。これにより、正常細胞へのダメージが軽減され、腫瘍の形状に沿った治療を行うことが出来ます。
3.がんの形状に合わせて放射線の強さを変えています。トモセラピーでは、0.625cmと細かい幅で腫瘍の形状を再現しています。これにより、放射線を強く照射したい場所には強く当て、放射線を照射したくない場所を避ける治療が可能です。
4.離れた部位や範囲が広い部位にも1連での照射が可能です。治療中に寝台が移動することで、腫瘍の位置が点在していても、あるいは広い範囲であっても、1連の照射ができます。(※照射は数日間行います。)
5.不要な被曝を抑え、がんを集中的に狙います。トモセラピーHDAからは、照射範囲の広がりが最小限に抑えられ、不要な被ばくを抑えることが可能となりました。

治療の流れ

トモセラピーの治療には入院と通院があり、一人ひとりの疾患や症状に合わせて決定します。治療までは以下の手順で準備をおこない、受診から治療開始まで通常であれば3日程度となります。治療の説明は、医師をはじめとしたトモセラピーセンターの医療スタッフがおこないます。

来院1日目①受診
②治療方針の決定
③治療の説明
来院1日目または2日目④固定具作成(所要時間10~15分)
⑤治療計画用CT撮影(所要時間10~20分)
 作成した固定具に入って撮影します。
1~3日間⑥治療計画
⑦治療計画の検証
※こちらは医療者のみで行います。
来院2日目または3日目⑧放射線治療開始(所要時間20~25分/日)
 治療回数は疾患により異なります。

治療の流れ

治療の流れ

トモセラピーの治療には入院と通院があり、一人ひとりの疾患や症状に合わせて決定します。治療までは以下の手順で準備をおこない、受診から治療開始まで通常であれば3日程度となります。治療の説明は、医師をはじめとしたトモセラピーセンターの医療スタッフがおこないます。

来院1日目①受診
②治療方針の決定
③治療の説明
来院1日目または2日目④固定具作成(所要時間10~15分)
⑤治療計画用CT撮影(所要時間10~20分)
 作成した固定具に入って撮影します。
1~3日間⑥治療計画
⑦治療計画の検証
※こちらは医療者のみで行います。
来院2日目または3日目⑧放射線治療開始(所要時間20~25分/日)
 治療回数は疾患により異なります。
来院1日目

①受診
②治療方針の決定
③治療の説明

来院1日目または2日目

④固定具作成(所要時間10~15分)
⑤治療計画用CT撮影(所要時間10~20分)
作成した固定具に入って撮影します。

1~3日間

⑥治療計画
⑦治療計画の検証
※こちらは医療者のみで行います。

来院2日目または3日目

⑧放射線治療開始(所要時間20~25分/日)
治療回数は疾患により異なります。

施設

治療室

地下であることを忘れるくらいの明るい天井や清潔感のある内装が、治療の緊張を和らげてくれます。

診察室

治療室の向いにある診察室。人目を気にすることなく、医師と対話に集中できます。

待合室

地下1階にあるトモセラピー専用の待合コーナーです。人の出入りが少ない場所なので、ゆっくりお待ちいただけます。

ご利用案内

治療日時

平日8:30~17:10(予約制)

ご予約・お問い合わせ

診察・治療のご予約

Tel. 0263-33-8600
(受付時間 平日9:00~17:00)

がんに関するご相談

Tel. 0263-33-1251
(受付時間 平日9:00~16:30)

診察・治療のご予約

Tel. 0263-33-8600
(受付時間 平日9:00~17:00)

がんに関するご相談

Tel. 0263-33-1251
(受付時間 平日9:00~16:30)

ご利用案内

治療日時

平日8:30~17:10(予約制)

診察・治療のご予約

Tel. 0263-33-8600

(受付時間 平日9:00~17:00)

がんに関するご相談

Tel. 0263-33-1251

(受付時間 平日9:00~16:30)

関連ページ

がん特集

私たちは、がんと向き合う者患さんとご家族の想いを大切にしたがん治療とケアを心がけています。

がん集学治療センター

一人ひとりの今に合わせた治療とケアを。がん集学治療センターがめざすのは、あなたらしい生活のためのがん医療です。

陽子線治療センター

患者さんが納得のいく治療は私たちが最も大切にしていることでもあります。

ガンマナイフセンター

ガンマナイフ「ICON」数々の革新的なテクノロジーを搭載し、定位放射線治療は更なる高みへ
私たちは患者さんと共に、深刻な病に対して真剣に立ち向かうことを約束します。

放射線治療科

放射線治療科は、先進医療の「陽子線治療」、強度変調放射線治療(IMRT)の「トモセラピーHDA」、脳病変を治療する「ガンマナイフICON」と、国内でも有数の放射線治療装置を3台揃えた診療科です。