救急科のご紹介

相澤救急医は、地域の味方

救急医療とは?さまざまな考えがあります。我々は「地域の人々が病院に対して望んでいるものとは?そもそも医療とは?」といって本質を考えたとき、それは病気で困ったときにいつでも診てくれる、迅速に的確に対処してくれる医療を提供することこそ、原点ではないかと考えています。

相澤救急医は、地域の味方

地域住民の方々が安心して暮らせる地域であるために、
救急医療における患者さんのよりどころとなる
救急医療をめざしています。

相澤救急医は、地域の味方

地域住民の方々が安心して
暮らせる地域であるために、
救急医療における
患者さんのよりどころとなる
救急医療をめざしています。

救命救急センター センター長
救急科 統括医長
吉池 昭一

地域住民の方々が安心して暮らせる地域であるために、救急医療における患者さんのよりどころとなる救急医療をめざしています。

最近の投稿

診療科概要

“Anyone, Anything, Anytime”
救急医学とは、いつでも、どんな訴えでも、どんな患者さんでも、重症度を問わずに受け入れる唯一の専門科です。もちろん、救急医療は救急科や救急医だけで成り立つものではありません。各専門科医師や看護師、事務員等の協力体制があって、はじめて成り立つものです。

救命救急センター
主な対象疾患
  • テキスト
主な診療
  • テキスト
検査と処置
  • テキスト

医師紹介

吉池 昭一
吉池 昭一
救命救急センター センター長
救急科 統括医長
吉池 昭一
吉池 昭一
救命救急センター センター長
救急科 統括医長

日本救急医学会救急科専門医
日本臨床高気圧酵素・潜水医学会専門医
日本臨床リスクマネジメント学会 理事
日本臨床倫理学会 評議員
日本DMAT隊員

山本 基佳
山本 基佳
救命救急センター 副センター長
救急科 医長
山本 基佳
山本 基佳
救命救急センター 副センター長
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本麻酔学会麻酔科専門医
日本救急医学会指導医

小山 徹
小山 徹
救命救急センター 特命推進役
小山 徹
小山 徹
救命救急センター 特命推進役

日本救急医学会指導医・評議員
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
信州大学医学部救急集中治療医学講座臨床教授
松本広域圏救急・災害医療協議会メディカルコントロール委員会検証医

松原 千登勢
松原 千登勢
救急科 医長
松原 千登勢
松原 千登勢
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会外科専門医

柴田 俊一
柴田 俊一
救急科 医長
柴田 俊一
柴田 俊一
救急科 医長

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本医師会認定産業医

白戸 康介
白戸 康介
救急科 医長
白戸 康介
白戸 康介
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本DMAT隊員・統括DMAT

宮内 直人
宮内 直人
救急科 医長
宮内 直人
宮内 直人
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本中毒学会認定クリニカル・トキコロジスト
日本DMAT隊員

青木 義紘
青木 義紘
救急科 医長
青木 義紘
青木 義紘
救急科 医長
小児科 医師

日本小児科学会小児科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本小児感染症学会小児感染症認定医
国際旅行医学会旅行医学認定(CTH®
熱帯医学衛生学ディプロマ (DTM&H)

菅沼 和樹
菅沼 和樹
救急科 医師
卒後臨床研修センター 副センター長
菅沼 和樹
菅沼 和樹
救急科 医師
卒後臨床研修センター 副センター長

日本救急医学会救急科専門医
日本DMAT隊員

飛世 知宏
飛世 知宏
救急科 医師
飛世 知宏
飛世 知宏
救急科 医師

麻酔科標榜医

一之瀬 修
一之瀬 修
救急科 医師
一之瀬 修
一之瀬 修
救急科 医師
山本 祥寛
山本 祥寛
救急科 医師
山本 祥寛
山本 祥寛
救急科 医師
岡田 宗一郎
岡田 宗一郎
救急科 医師
岡田 宗一郎
岡田 宗一郎
救急科 医師
中竹 香峰
中竹 香峰
救急科 医長
中竹 香峰
中竹 香峰
救急科 医長
鹿島 健
鹿島 健
救急科 医師
鹿島 健
鹿島 健
救急科 医師
能重 久太郎
能重 久太郎
救急科 医師
能重 久太郎
能重 久太郎
救急科 医師

救急科の特色

専従の救急医が対応しています。

すべての疾患や年齢、性別を問わず、適切な初期診療ができる医師の存在と育成が、社会から強く求められています。疾患を問わず、軽症から重症まで対応できる救急医の存在と各専門診療科との連携が図られています。また、検査(血液検査等、画像検査)や治療(緊急手術、処方等)などの分野も、24時間365日で運営・対応しています。

緊急度を判別して、適切な初期救急医療をおこないます。

救急車で来る患者さん以外にも、歩いて来院される方の中に重症患者さんが潜んでいる場合もあります。そのような緊急度の高い患者さんを後回しにしないために、まず医師や看護師が問診や診察で「トリアージ」をおこない、緊急度と優先度を判別し、初期治療を速やかにおこなっています。

救急医療を病院全体で支える仕組みがあります。

救急医療は救命救急センターだけでは完結できません。受診後に各種検査が必要な患者さんや入院加療が必要な患者さん、緊急手術が必要な患者さんなどに対応する職員が必要です。相澤病院は、救急医療を実践するための各科連携、協働、人員体制および医療設備等が充実しています。

主な施設と設備

ヘリポート
相澤モービルER

施設認定

  • 救命救急センター
  • 地域災害拠点病院
  • 長野県災害派遣医療チーム(長野県DMAT)指定病院
  • 救急告示病院
  • 二次救急医療指定施設
  • 日本救急医学会 救急科専門医指定施設
  • 日本救急医学会 救急科指導医指定施設
  • 日本救急撮影技師認定機構 実地研修施設
  • 松本広域圏救急・災害医療協議会認定施設
診療実績
学術業績

受診のご案内

受診については下記のリンク先をご確認ください

受診のご案内はこちら

救急科では、以下の職種を募集しております。詳しくはリンク先よりご確認ください。

医師
看護職