救急科のご紹介

相澤救急医は、地域の味方

救急医療とは?さまざまな考えがあります。我々は「地域の人々が病院に対して望んでいるものとは?そもそも医療とは?」といって本質を考えたとき、それは病気で困ったときにいつでも診てくれる、迅速に的確に対処してくれる医療を提供することこそ、原点ではないかと考えています。

相澤救急医は、地域の味方

地域住民の方々が安心して暮らせる地域であるために、
救急医療における患者さんのよりどころとなる
救急医療をめざしています。

相澤救急医は、地域の味方

地域住民の方々が安心して
暮らせる地域であるために、
救急医療における
患者さんのよりどころとなる
救急医療をめざしています。

救命救急センター センター長
救急科 統括医長
吉池 昭一

地域住民の方々が安心して暮らせる地域であるために、救急医療における患者さんのよりどころとなる救急医療をめざしています。

診療科概要

“Anyone, Anything, Anytime”
救急医学とは、いつでも、どんな訴えでも、どんな患者さんでも、重症度を問わずに受け入れる唯一の専門科です。もちろん、救急医療は救急科や救急医だけで成り立つものではありません。各専門科医師や看護師、事務員等の協力体制があって、はじめて成り立つものです。

救命救急センター
主な対象疾患
  • テキスト
主な診療
  • テキスト
検査と処置
  • テキスト

医師紹介

吉池 昭一
吉池 昭一
救命救急センター センター長
救急科 統括医長
吉池 昭一
吉池 昭一
救命救急センター センター長
救急科 統括医長

日本救急医学会救急科専門医
日本臨床高気圧酵素・潜水医学会専門医
日本臨床リスクマネジメント学会 理事
日本臨床倫理学会 評議員
日本DMAT隊員

山本 基佳
山本 基佳
救命救急センター 副センター長
救急科 医長
山本 基佳
山本 基佳
救命救急センター 副センター長
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本麻酔学会麻酔科専門医
日本救急医学会指導医

小山 徹
小山 徹
救命救急センター 特命推進役
小山 徹
小山 徹
救命救急センター 特命推進役

日本救急医学会指導医・評議員
日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
信州大学医学部救急集中治療医学講座臨床教授
松本広域圏救急・災害医療協議会メディカルコントロール委員会検証医

松原 千登勢
松原 千登勢
救急科 医長
松原 千登勢
松原 千登勢
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会外科専門医

柴田 俊一
柴田 俊一
救急科 医長
柴田 俊一
柴田 俊一
救急科 医長

日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本医師会認定産業医

菅沼 和樹
菅沼 和樹
救急科 医長
卒後臨床研修センター 副センター長
菅沼 和樹
菅沼 和樹
救急科 医長
卒後臨床研修センター 副センター長

日本救急医学会救急科専門医
日本DMAT隊員

白戸 康介
白戸 康介
救急科 医長
白戸 康介
白戸 康介
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本DMAT隊員・統括DMAT

宮内 直人
宮内 直人
救急科 医長
宮内 直人
宮内 直人
救急科 医長

日本救急医学会救急科専門医
日本中毒学会認定クリニカル・トキコロジスト
日本DMAT隊員

中西 仙太郎
中西 仙太郎
救急科 医長
中西 仙太郎
中西 仙太郎
救急科 医長

下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術実施医
日本血管外科学会認定血管内治療医
日本外科学会外科専門医
日本救急医学会救急科専門医
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医
臨床研修指導医
胸部ステントグラフト指導医(Relay Plus)
胸部ステントグラフト指導医(VALIANT Captivia)
胸部ステントグラフト指導医(GORE TAG Thoracic Endprosthesis)
腹部ステントグラフト指導医(ENDURANTステングラフトシステム)
腹部ステントグラフト指導医(Powerlink Stentgraft System)
腹部ステントグラフト指導医(Gore Excluder Endprosthesis)

山本 祥寛
山本 祥寛
救急科 医師
山本 祥寛
山本 祥寛
救急科 医師
岡田 宗一郎
岡田 宗一郎
救急科 医師
岡田 宗一郎
岡田 宗一郎
救急科 医師
中竹 香峰
中竹 香峰
救急科 医長
中竹 香峰
中竹 香峰
救急科 医長
能重 久太郎
能重 久太郎
救急科 医師
能重 久太郎
能重 久太郎
救急科 医師
鹿島 健
鹿島 健
救急科 医師
鹿島 健
鹿島 健
救急科 医師

日本救急医学会救急科専門医

救急科の特色

専従の救急医が対応しています。

すべての疾患や年齢、性別を問わず、適切な初期診療ができる医師の存在と育成が、社会から強く求められています。疾患を問わず、軽症から重症まで対応できる救急医の存在と各専門診療科との連携が図られています。また、検査(血液検査等、画像検査)や治療(緊急手術、処方等)などの分野も、24時間365日で運営・対応しています。

緊急度を判別して、適切な初期救急医療をおこないます。

救急車で来る患者さん以外にも、歩いて来院される方の中に重症患者さんが潜んでいる場合もあります。そのような緊急度の高い患者さんを後回しにしないために、まず医師や看護師が問診や診察で「トリアージ」をおこない、緊急度と優先度を判別し、初期治療を速やかにおこなっています。

救急医療を病院全体で支える仕組みがあります。

救急医療は救命救急センターだけでは完結できません。受診後に各種検査が必要な患者さんや入院加療が必要な患者さん、緊急手術が必要な患者さんなどに対応する職員が必要です。相澤病院は、救急医療を実践するための各科連携、協働、人員体制および医療設備等が充実しています。

主な施設と設備

ヘリポート
相澤モービルER

施設認定・実績一覧

  • 救命救急センター
  • 地域災害拠点病院
  • 長野県災害派遣医療チーム(長野県DMAT)指定病院
  • 救急告示病院
  • 二次救急医療指定施設
  • 日本救急医学会 救急科専門医指定施設
  • 日本救急医学会 救急科指導医指定施設
  • 日本救急撮影技師認定機構 実地研修施設
  • 松本広域圏救急・災害医療協議会認定施設

松本広域消防局 救急救命士病院実習受入。
諏訪広域消防本部 救急救命士気管挿管実習受入。
長野救命医療専門学校 救急救命士学科病院実習受入。

松本広域消防局 救急救命士病院実習受入。
松本広域消防局 救急救命士薬剤投与実習受入。
長野救命医療専門学校 救急救命士学科病院実習受入。
日本救急医療財団 医師救急医療業務実地修練研修受入。
日本救急医療財団 看護師救急医療業務実地修練研修受講。

学術・研修

■学会発表
第48回日本救急医学会総会・学術集会.2020年11月18日-20日3日岐阜
小山徹. 救急外来における放射線科読影レポートを確認することの有用性の検討

第48回日本救急医学会総会・学術集会.2020年11月18日-20日3日岐阜
山本基佳. 糸引き抜き法(string yang法)によるカエシ付きトリプルフックの釣り針除去:症例報告

第48回日本救急医学会総会.・学術集会2020年11月18日-20日3日岐阜
山本祥寛. 当院で経験した壊死性筋膜炎、フルニエ壊疽14例におけるLRINEC SCOREの検討

・講習会
厚生労働省ECMOチーム等養成研修事業(人口呼吸・ECMO講習会)
白戸康介、金子広睦.2020年8月29日松本

■学会発表
吉池昭一. 高齢者心肺停止患者の類型化
第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会,2019年5月31日-6月1日,和歌山

白戸康介. Characteristics of patients revisiting emergency department and admitting to hospital in Japan.
ICEM 2019. 2019年6月12日-6月15日.韓国.ソウル.

山口勝一朗. Investigation of the emergengy care system in the aging sogiety in the district in Japan.
ICEM 2019. 2019年6月12日-6月15日.韓国.ソウル.

吉池昭一. 咽後膿瘍より頚髄硬膜外膿瘍を併発し、高気圧酸素療法を施行した一例
第16回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会第10回日本高気圧酸素医療技術学会.
2019年6月15日-6月16日,東京

青木義紘. 腹膜透析中に著明な低Na血症をきたした1歳女児例
第33回日本小児救急医学会学術集会.2019年6月21日-6月22日.埼玉

新中さやか. 内服後10時間で突然心停止したイミダクロプリド中毒の1例
第41回日本中毒学会総会・学術集会.2019年7月20日-7月21日

菅沼和樹. CTやMRIで偶発的に発見された異常所見を見落とさないための取り組みについて.
第69回日本病院学会.2019年8月1日-2019年8月2日.札幌市

小山明英.救命救急センターへの苦情・投書による10年間の変遷.
第69回 日本病院学会. .2019年8月1日-2019年8月2日.札幌市

小山徹. ER型救急医療に関する臨床研究のためのデータベースの構築方法について
第47回日本救急医学会総会.2019年10月2日-10月4日.東京

吉池昭一. 高齢心肺停止患者の類型化~社会的検討と周死期に向けた問題点~地域医療の集約化への過渡期における救急医療~”量”と”質”とのジレンマ~
第47回日本救急医学会総会.2019年10月2日-10月4日.東京

菅沼和樹. 過量服薬により、セロトニン症候群が数日間にわたって遷延した1例
第47回日本救急医学会総会.2019年10月2日-10月4日.東京

山口勝一朗. 当院における過去10年間の雪崩外傷症例の検討
第47回日本救急医学会総会.2019年10月2日-10月4日.東京

菅沼和樹. 悪性リンパ腫の副腎転移併存により外傷契機の副腎出血を来した一例
第22回日本救急医学会中部地方会.2019年11月23日.浜松

山本祥寛悪性リンパ腫の副腎転移併存により外傷契機の副腎出血を来した一例
第22回日本救急医学会中部地方会.2019年11月23日.浜松

一之瀬修. Segmental arterial mediolysis(SAM)による肝動脈瘤破裂から出血性ショックに至った一症例.
第22回日本救急医学会中部地方会.2019年11月23日.浜松

診療実績
学術業績

受診のご案内

受診については下記のリンク先をご確認ください

受診のご案内はこちら

救急科では、以下の職種を募集しております。詳しくはリンク先よりご確認ください。

医師
看護職