卒後臨床2年次研修医 加藤 千智

相澤病院を研修先に選んだ理由

ERを見学した際に、研修医の先生方が自ら率先して所見をとったり、診察で得た情報をもとに上級医とディスカッションをして、アセスメントをしている姿が印象的でした。研修医が自分で考えることももちろん大切ですし、さらに上級医がその考えをもとに指導をしているという点に魅力を感じました。また、初期研修のうちはcommon diseaseの診療能力を身に付けたいと考えていましたので、地域の中核病院として機能を担っていることも、相澤病院での研修を選択した理由の一つです。
その他にも、コメディカルや事務の方などスタッフの方々との関係性が良く、職場としてとても良い環境なのだなという印象を持ちました。

相澤病院の研修

やはりERが研修の中心的な存在だと思います。covid-19の影響でER受診の患者数も減っており、以前の相澤病院と比べると経験症例数としては少ないとは思いますが、逆に一つの診療経験を深めることができると捉えています。見学の時の印象の通り自分で考えて動いていく環境であり、毎回の勤務で違った学びがあります。
また、各診療科の隔たりが少なく相談しやすい点は、規模の大きい大学病院にはない特徴だと思います。診療で生じた他科の疑問にも親身になって教えて下さり、「聞きにくい」と躊躇することなく相談できることはとても有り難いなと感じています。
相談のしやすさに関してはコメディカルの方も同様で、薬剤など専門的な事について相談したり、エコーなどの技術面を教えていただけたり、各スタッフの方からも学ばせていただいています。
研修プログラムで良いなと感じていることの1つが選択研修をフレキシブルに対応していただけることです。研修開始時に全ての選択を決めるのではなく、ローテーションをしながらその時点での希望に合わせて調整していただけるため、将来の進路を決める上でとても助かっています。

同期との関係

同期10人は、みんなと仲良くなれるのにちょうど良い人数だと感じています。他愛もない話をすることもあれば、お互いに学んだこと・経験したことを教え合ったり、それぞれの目標に向かって頑張っている姿を近くで見ていて、刺激をもらう部分も大きいです。

休日の過ごし方

松本は北アルプスなど綺麗な山々に囲まれているのでサイクリングをしながら景色を堪能したり、他にも市内にあるおしゃれなカフェでのんびりしたりと休日は色々な時間の過ごし方をしています。毎日山を見ているので、最近は山登りなどの趣味も良いなと思っています。

将来の進路

将来は脳神経外科に進みたいと考えていますが、せっかく色々な診療科で学べる環境がありますので、初期研修の間は3年目以降の専門科にとらわれすぎず、幅広く学んでいきたいと思います。