4月

上旬:1年次研修医入職&入職時研修

1年次研修医11名(当院研修医10名、信州大学たすきがけ研修医1名)が入職しました!
11名は約2週間におよぶ入職時研修を行った後、各診療科での研修をスタートしました。
当院の入職時研修は他の病院に比べて長期間となりますが、臨床に入る前に必要な手技や多職種の業務を勉強できるため、研修医同士はもちろん多職種の方ともコミュニケーションをとることができる機会となり好評です。
特に歴代の研修医に脈々と引き継がれている「ERシミュレーション」は先輩研修医や上級医が患者役を熱演し、外来診療の一連の流れを後輩に伝授する人気のプログラムとなっています。

月末:感染症勉強会

2021年度より、新しく総合内科に着任した医師が研修医向けの感染症の勉強会を毎月開催してくれることになりました。前任の病院では感染症内科医として勤務をしており感染症の基本的な考え方から治療方針など、毎月テーマを決めて行う予定です。
※4月の第1回目は「感染症治療の原則」でした。

5月

上旬:症例検討会

諏訪中央病院の玉井先生をお招きして年5回症例検討会をおこなっています。
今月は研修医の当直勤務がない日(通称:ERなし日)でしたので1・2年次研修医全員が参加しました。また、諏訪中央病院より専攻医や初期研修医も参加してくれました。

中旬:医学英語研修

湘南鎌倉病院のジョエル・ブランチ先生をお招きして年4回医学英語研修をおこなっています。
今回はベッドサイドでの研修はできませんでしたが、医学英語および臨床推論を学ぶよい機会となりました。